English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. エジプト:政府は、活動家たちの拘束について調査を行うべき

エジプト:政府は、活動家たちの拘束について調査を行うべき

2011年2月 7日
国・地域:エジプト
トピック:変革を求める中東・北アフリカ
アムネスティ・インターナショナルは、2人のアムネスティ調査員を含む約35人の人権活動家とジャーナリストの拘束について調査を行うよう要請する。彼らはほほ2日間、軍隊に拘束された後に釈放された。

エジプト国内および海外の人権活動家、弁護士、ジャーナリストは、憲兵隊がヒシャム・ムバラク法律センターの事務所が襲撃された2月3日に拘束された。

「これらの活動家が解放されたことを私たちは歓迎します。しかし、私たちは、そもそも彼らが逮捕されたことに対して、また彼らの取り扱い対して憤りを感じています」と、アムネスティの中東・北アフリカ部長であるマルコム・スマートは語った。

「私たちは、4月6日運動、正義と自由の若者、変革のための国民団体などに所属する活動家たちについて、引き続き憂慮しています。彼らは2月3日に別の事件で拘束され、その所在はいまだにわかっていません。」

「エジプト当局は、カイロの抗議行動の様子を監視していた人権活動家がなぜこのような形で標的にされたのか、また誰がそのような命令を発したのかについて、直ちに調査を実施しなければなりません。」

アムネスティ・インターナショナルとヒューマン・ライツ・ウォッチを含む国際的な人権活動家たちは、4日に釈放された。彼らとともに拘束されたエジプト人活動家は5日に釈放された。

アムネスティ発表国際ニュース
2011年2月5日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ