English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. シリア:ダマスカスの住宅地で無差別爆撃

シリア:ダマスカスの住宅地で無差別爆撃

2012年10月25日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:シリア
トピック:変革を求める中東・北アフリカ

シリアの首都ダマスカスの住宅街で10月21日、自動車に仕掛けられた爆弾が爆発し、民間人を含む少なくとも13人が死亡、29名以上が負傷した模様だ。
 

爆発は、目標とされる警察署の前で起こった。爆発があったキリスト教地区、バブ・トウマには、数多くの教会やホテルがあり、人が密集している。

このような人が多い地域での爆破は、市民を標的にした無差別作戦である。

さらに、爆発は、日曜礼拝が終わった人びとが近隣の教会から帰る時間帯にあたり、より多くの犠牲者を出す狙いがあったことになる。

紛争当事者のどちら側も、国際人道法を順守し、民間人を無差別に殺傷する攻撃を避けなければならない。

これまでのところ、犯行声明は出ていない。犠牲者の氏名もわかっていない。

アムネスティ国際ニュース
2012年10月22日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ