English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. ミャンマー(ビルマ):ラカイン州の暴動が激化、多数の死者

ミャンマー(ビルマ):ラカイン州の暴動が激化、多数の死者

2012年11月 6日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:ミャンマー(ビルマ)
トピック:先住民族/少数民族

ビルマ西部のラカイン州で、イスラム教徒のロヒンギャと仏教徒の間で衝突が激化している。最近の複数の衝突では、少なくとも112人が死亡した。関係当局は、これらの惨事がなぜ起きたのかを調査し、首謀者らを法のもとで裁かなければならない。

衝突の背景にある差別と暴力の連鎖を断ち切り、すべての人びとの生命を護るには、当局が直ちに介入するしかない。最近の悲劇はそう訴える。

去る6月には、ラカイン州で90人が殺害され、非常事態宣言が発令された。実際の死者数は90人をはるかに上回っている模様だ。

アムネスティ・インターナショナルはビルマ政府に対して、1982年国籍法を見直し、ロヒンギャの人びとの無国籍状態をなくし、長年にわたるロヒンギャへの迫害の根本問題に取り組むよう求めている。

アムネスティ日本
2012年11月5日配信

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ