English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. NGO共同声明
  4. 朝鮮民主主義人民共和国:北朝鮮:ICNKは国連調査委員会の活動開始を評価  協力を要請

朝鮮民主主義人民共和国:北朝鮮:ICNKは国連調査委員会の活動開始を評価  協力を要請

2013年8月26日
[NGO共同声明]
国・地域:朝鮮民主主義人民共和国
トピック:国際人権法

『北朝鮮における「人道に対する罪」を止める国際NGO連合(以下ICNK)』は本日、8月29日から東京で公聴会(パブリック・ヒアリング)を開く「北朝鮮の人権に関する国連調査委員会」に大きな期待を寄せていると述べると共に、同委員会の活動に関係する情報を持つ全ての人びとに対し、調査への協力を呼びかけた。

アムネスティ・インターナショナル、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、国際人権連盟(FIDH)、クリスチャン・ソリダリティ・ワールドワイドなど42の人権団体からなるICNKは、北朝鮮政府による人権侵害について、前述の国連委員会の活動が新たな光をあてるに違いないと述べた。

ICNKメンバーであるヒューマン・ライツ・ウォッチの日本代表代理 吉岡利代は、「国連調査委員会が東京で証言収集を始めるにあたり、ICNKは北朝鮮政府に対し、人権を尊重するよう求めるキャンペーンを継続していく。ICNKのメンバー団体は、北朝鮮政府が行なってきた日本など外国国籍者の拉致、政治犯の大量投獄、強制収容所での飢餓、拷問、超法規的処刑などの人権侵害の証拠を多数集めてきた。私たちが『人道に対する罪』であると考えるこれらを含む重要な犯罪行為の証拠を、国連調査委員会が明らかにすることを私たちは期待している」と述べた。

同委員会の活動開始を歓迎し、前出の吉岡は更に「北朝鮮の人権問題は惨憺たる状況のままだ。同国は、非常に深刻で広範かつ組織的な人権侵害を行っており、朝鮮民主主義人民共和国の人権状況に関する前・国連特別報告者は、同国の人権状況を、世界に類をみない『独自のカテゴリー (sui generis)』であると報告した。北朝鮮国内では、日常的に人権が否定されているのが現実だ」と主張した。

ICNKは、国連調査委員会の調査結果が、北朝鮮の人権状況に関するこれまでで最も確実で権威ある報告となることを期待している。同委員会の結論と勧告は、北朝鮮での人権保護に向けた、世界的な動きを更に促進することとなるだろう。

北朝鮮政府が同委員会への協力を拒否していることに、ICNKは大いに失望している。北朝鮮指導部は本姿勢を再検討し、自国を訪問するよう同委員会を招待すると共に、調査への全面協力を申し出るべきだ。ICNKは、本委員会の活動は北朝鮮が自らの政策を見直し、深刻な人権侵害に終止符を打つ機会を提供するものであると考える。

国連委員会が東京で行う公聴会と調査は、北朝鮮による人権侵害の被害者の声が、今までになく大きく、そして明確に世界に届けられる機会となるとICNKは期待している。北朝鮮政府による人権侵害の被害者と、同国内で同様に苦しむ何百万の人々に対し行われた犯罪の完全なる説明責任が追及され、その責任者が裁判にかけられてしかるべきだ。

北朝鮮難民救援基金の加藤博理事長は、「日本をはじめとした韓国、タイそして世界各国の拉致被害者の家族は、あまりにも長い間、暗闇の中で愛する人びとの帰りを待ち続けてきた」と述べる。「国連調査委員会による、北朝鮮の人権侵害の包括的な調査は、何十年にもわたり答えを探して来た家族たちに、ようやく希望の光をもたらすことになろう。」

北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合(ICNK)共同声明(原文英語)
2013年8月26日(東京)

 

ICNKについて:

『北朝鮮における「人道に対する罪」を止める国際NGO連合』は、世界各国の40以上の人権団体により構成され、北朝鮮における人権保護と共に、国内外で人権侵害を行ってきた北朝鮮政府の説明責任追及を求めて活動している。

お問い合わせ:

  • (東京) ヒューマン・ライツ・ウォッチ:吉岡利代
    TEL:03-5575-3774/E-MAIL:yoshior@hrw.org
     
  • (東京) 北朝鮮難民救援基金:加藤博、佐伯浩明
    TEL:03-3815-8127/E-MAIL:nkkikin@hotmail.com
     
  • (東京) アジア調査機構:加藤健
    TEL:090-8961-7376/E-MAIL:kaiten@triton.ocn.ne.jp
     
  • (東京) 北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会:川添友幸
    TEL:090-9816-2187/E-MAIL:tomoyuki.kawazoe@gmail.com
     
  • (東京) アムネスティ・インターナショナル日本:若林秀樹
    TEL:03-3518-6777/E-MAIL:info@amnesty.or.jp
     
  • (東京) 北朝鮮による強制収容所をなくすアクションの会NO FENCE:宋允復
    TEL:03-3262-7473/E-MAIL:songyb777@yahoo.co.jp
     
  • (バンコク) ヒューマン・ライツ・ウォッチ:Phil Robertson
    TEL:+66-85-060-8406/E-MAIL(mobile):robertp@hrw.org

本連合の参加メンバーは以下のとおり:

- Advocates International Global Council
- Amnesty International/アムネスティ・インターナショナル
- Asia Justice and Rights
- Asian Federation Against Involuntary Disappearances
- Asian Human Rights &Humanity Association of Japan/アジア人権人道学会
- Burma Partnership (Thailand)
- Christian Lawyers Association for Paraguay
- Christian Solidarity Worldwide
- Committee for Human Rights in North Korea (USA)
- Conectas (Brazil)
- Council for Human Rights in North Korea (Canada)
- Freedom House (USA)
- Free NK Gulag (ROK)
- Free North Korea Radio (ROK)
- Han Voice (Canada)
- HH Katacombs (ROK)
- Human Rights Watch/ヒューマン・ライツ・ウォッチ
- Human Rights Without Frontiers (Belgium)
- Inter-American Federation of Christian Lawyers
- International Federation for Human Rights (FIDH)
- COMJAN (Investigation Commission on Missing Japanese Probably Related to North Korea)/特定失踪者問題調査会(Japan)
- Japanese Lawyers Association for Abduction and Other Human Rights Issues in North Korea/北朝鮮による拉致と人権問題に取り組む法律家の会
- Jubilee Campaign (USA)
- Justice for North Korea (ROK)
- Kontras (Indonesia)
- Liberty in North Korea - LiNK (USA)
- Life Funds for North Korean Refugees (Japan)/ 北朝鮮難民救援基金
- Network for North Korean Democracy and Human Rights (ROK)
- NK Intellectual Solidarity (ROK)
- NO FENCE <Association for the abolition of concentration camps in North Korea>/ノー・フェンス(Japan)  
- North Korea Freedom Coalition
- Odhikar (Bangladesh)
- Open North Korea (ROK)
- People In Need (Czech Republic)
- PSALT NK (Prayer Service Action Love Truth for North Korea)
- The Simon Wiesenthal Center
- The Society to Help Returnees to North Korea/北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会(Japan)
- Students Alliance for Human Rights in North Korea (ROK)
- World without Genocide (USA)
- Young Defectors' Alliance for North Korean Human Rights (ROK)
- Yuki Akimoto, Burmainfo (Japan)
- Tomoharu Ebihara
- David Hawk, Visiting Scholar, Columbia University, Institute for the Study of Human Rights, and author of Hidden Gulag
- Ken Kato, Director, Human Rights in Asia/アジア調査機構 代表 加藤健(Japan)
- Tomoyuki Kawazoe, Kanagawa Association for The Rescue of Japanese Kidnapped by North Korea/北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会  代表 川添友幸(Japan)
- Suzanne Scholte, Seoul Peace Prize Recipient & Defense Forum Foundation (USA)
- Dr. Norbert Vollertsen

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ