English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. 中国:女性人権活動家5人 釈放ではまだ不十分

中国:女性人権活動家5人 釈放ではまだ不十分

2015年4月14日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:中国
トピック:女性の権利

逮捕・拘束されていた5人の女性たち
逮捕・拘束されていた5人の女性たち

女性人権活動家5人が4月13日に釈放されたが、容疑者扱いもやめるべきである。

5人は韋婷婷(Wei Tingting)さん、王曼(Wang Man)さん、武嵘嵘(Wu Rongrong)さん、李婷婷(Li Tingting)さん、鄭楚然(Zheng Churan)さんで、中国婦女権利行動組のメンバーだ。国際女性デーに合わせ女性に対するセクハラに反対するキャンペーンを企画して3月7日、逮捕・拘束されていた。

5人を釈放したことは歓迎したい。ただし、容疑者扱いをやめ自由の制限を取り払うべきである。

女性たちは、中国婦女権利行動組のメンバーである。イベント用に「セクハラをなくして、安全な社会を」や「行け警察、セクハラした者を捕まえろ!」と印刷したステッカーを用意し、国際女性デーに配布する予定であった。

女性たちは、「騒乱挑発罪」の容疑で拘束された。この罪で有罪になると最高5年の刑を下される。後に警察は、検察に対して、罪が軽い「公共秩序騒乱」容疑に変えるように勧めた。

中国法では、処分保留で釈放された被疑者は、それ以上違法行為をしなければ当初の嫌疑は晴れるが、その後も警察の厳しい監視がつくことが多い。

女性活動家は、脅迫や拘束のリスクを負うことなく、人権促進のため、自由に運動できるべきである。しかし現実には、組織的に監視され、圧力を受けている。

アムネスティ国際ニュース
2015年4月13日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ