English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. ブラジル:警察の無謀な取り締まりで少年が犠牲に

ブラジル:警察の無謀な取り締まりで少年が犠牲に

2015年9月12日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:ブラジル
トピック:

9月8日、リオデジャネイロのスラム街で、警官とギャングによる銃撃戦があり、少年が巻き込まれて死亡した。これは警察の取り締まりがいかに無謀であるかを物語っており、早急にその手法に抜本的改革が必要だ。

リオデジャネイロの警察では、スラム街での取り締まりに、「まず撃て、聞くのは後」という手法がとられている。この手荒い手法は、多くの流血と悲劇を生んできた。

クリスチャンさん(13才)は、スラム街でサッカーをしていた。突然、警官たちと追跡中のギャング集団がなだれ込み、銃撃戦が始まって、その流れ弾がクリスチャンさんに当たった。即死だった。目撃者によると、警察はその後すぐに現場を片付けていたという。

この悲劇の事件を直ちに捜査し、加害者を裁くべきだ。この数年間、スラム街では多数の子どもや若者が犠牲になってきた。これ以上犠牲者を出さないためにも、クリスチャンさんの死を無駄に終わらせてはならない。

アムネスティ国際ニュース
2015年9月8日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ