English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. バーレーン:6年ぶりに死刑執行 人権の大きな後退

バーレーン:6年ぶりに死刑執行 人権の大きな後退

2017年1月18日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:バーレーン
トピック:死刑廃止

1月15日、2010年以来死刑執行がなかったバーレーンで、警察官3人を殺害したとして死刑判決を受けた3人に死刑が執行された。3人の死刑は、1月9日に破棄院(上訴裁判所)で確定していた。

この6年ぶりの死刑復活は、人権の擁護を公言してきた同国にとって大きな後退となる。

死刑は、もっとも残虐で 残酷、非人道的かつ品位をおとしめる刑罰である。その上、今回の裁判は公正さに欠け、死刑囚は拷問を受けたと申し立てていた。死刑執行国に戻るのではなく、執行を即時停止し、死刑の完全廃止に取り組むべきである。

2014年、警官3人の殺害事件で10人が罪を問われていたが、9日の審理で7人の終身刑と3人の死刑が確定した。うち8人は、国籍もはく奪された。いずれも不当な審理による判決だった。

アムネスティ国際ニュース
2017年1月15日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ