English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. エジプト:多数のLGBTIの人たちが逮捕される

エジプト:多数のLGBTIの人たちが逮捕される

2017年10月 6日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:エジプト
トピック:LGBTと人権

エジプトのカイロで9月22日、マシュル・ライラのコンサートでレインボー・フラッグが掲げられたことが検察当局の目にとまり、10月上旬までの1週間前後で、LGBTI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス)の33人が逮捕された。容疑は、「放蕩」「慣習的放蕩」「性的逸脱の奨励」などだった。

33人は取り調べ中や取り調べ済だが、当局は、極めて拙速な法手続きを取っている。1人は、コンサートの翌日に数日後の裁判で懲役6年、執行猶予6年を言い渡された。現地のNGO「個人の権利イニシアティブ」によると、10月1日には16人以上が裁判にかけられた。

エジプトでは、2001年にLGBTIの52人が逮捕される事件があったが、それ以降で最悪の性的指向に基づく弾圧になっている。LGBTIの人たちに共感を示したために、あるいは自分の性的指向を理由に罰を受けるようなことがあってはならない。

アムネスティは、当局に対して33人を即刻、無条件に釈放するように求めている。

また、逮捕者のうち少なくとも5人が肛門の検査を受けさせられた。国際法が拷問や虐待と同様に禁じるこの検査も即刻やめるべきである。

アムネスティ国際ニュース
2017年10月2日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ