English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. フィリピン:また警察が麻薬掃討作戦に参加か

フィリピン:また警察が麻薬掃討作戦に参加か

2017年12月 3日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:フィリピン
トピック:

フィリピン・ドゥテルテ大統領は、警察から一度外した「麻薬掃討作戦」の任務を再び警察に戻すことを検討していると報道された。

先月10月、大統領は、麻薬取締局に薬物取り締まりの権限を集中し、警察など他の機関から摘発する権限を剥奪したばかりだった。

昨年の大統領就任以来、警察による薬物取り締まりは、数千人の超法規的処刑という最悪の人権侵害をもたらした。しかも、犠牲者の大多数は、貧困にあえぐ人びとだ。

一方で先月、麻薬取締局単独の作戦となってからは、殺害は減少していた。

同国がなすべきことは、自浄能力がない警察に取り締まり権限を戻すことではなく、人権と法の支配を尊重する薬物対策を実施することだ。また、これまでの数千件の殺人に対する責任を追求することだ。

アムネスティ国際ニュース
2017年11月23日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ