English

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 国際事務局発表ニュース
  4. エジプト:野党メンバー 強制失踪の疑い

エジプト:野党メンバー 強制失踪の疑い

2018年2月21日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:エジプト
トピック:

2月8日の夜、治安部隊が、野党政党の副代表モハメド・アル=カサスさんの自宅を急襲して以来、カサスさんの行方がわからなくなっている。

シーシ政権は、これまで反政権派を抑えるために度々強制失踪(国家が個人を拘束し、その所在を明らかにしないこと)という手段を使用してきたが、今回も同様の手口を使って拘禁している可能性がある。拷問を加えるおそれもある。当局は、カサスさんを拘束しているのなら、直ちに勾留場所を明らかにし釈放すべきである。

今回の強制失踪は、表現と集会の自由の権利に対する攻撃である。

強制失踪とは、国家が個人の自由を奪い、拘束したことを否定するか所在を明らかにしない行為をいう。エジプトではこの1週間だけでも、強制失踪で3人が姿を消した。

2月4日、ジャーナリストとそのルームメートの活動家が出勤途中に姿を消した。ひと月前、そのジャーナリストの兄(弟)が、内務省国家安全保障局に呼び出され、弟(兄)の居場所や仕事内容などを尋ねられていた。

多くの被害者の家族や弁護人らが、当局に対して、被拘束者の所在を教えるよう要求してきたが、当局は、情報を一切開示してこなかった。

1月には、前参謀長のサミ・アナンさんが3月の大統領選挙への立候補を表明し、その後、拘束された。

アムネスティ国際ニュース
2018年2月9日

関連アクション

関連ニュースリリース

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ