ライティングマラソン2012 イランアクション

国家に対する罪で投獄されている、人権を守る2児の母

イランで人権を守るため活動をしている、ナルゲス・モハマディさん。幼い双子の母親でありながら、現在懲役6年の刑に服しています。

モハマディさんをただちに無条件で釈放するよう、呼びかけてください。


モハマディさんは以前、同国の首都テヘランにある人権擁護者センターの要職についていました。2008年、イラン当局は同センターを強制的に閉鎖。数人の職員が逮捕され、長期間にわたる刑務所での服役を課されました。
彼女は、これまでに何度も投獄されてきました。そして今年の4月22日に再び逮捕され、拘禁されました。それ以降、持病が悪化しており、現在は刑務所内外の病院で、発作や一時的な視覚障害のための治療を受けています。

取り上げられたパスポート

2011年、同国の裁判所は、「集会を開き、国家の安全に対する犯罪を共謀した」「国家に反するプロパガンダを広めた」などの罪状で、有罪判決を下しました。これらの罪はすべて、彼女の人権に関する仕事に関連したものです。かつてジャーナリストだったモハマディさんは、2009年に政府からパスポートを押収され、国外に出ることを禁じられています。また現在は、弁護士や、家族に会うことも許されておらず、健康状態の悪化が強く懸念されています。


背景情報

イランでは、不公平な裁判、拘禁者に対する拷問や虐待などが頻繁に行われています。人権活動に対する弾圧は厳しく、多くの活動家達が、国家への反逆者とみなされるなどして、正当な根拠なく逮捕、投獄されています。国外に出ることやメディア活動を禁じられた活動家もいます。

アクションに参加しよう!

イラン政府に手紙を書き、モハマディさんをただちに無条件で釈放する よう、呼びかけてください。

署名はアムネスティ日本で取りまとめ、イラン政府へ送ります。

アクション期間 アクション終了(2012年11月16日~12月25日まで)
要請先 イラン政府

※このアクションは12月7日~16日に開催される、手紙書きのイベント「ライティング・マラソン」のオンラインアクションです。全国でイベントを開催しています。お住まいの地域のイベントにぜひご参加ください。今年はキャンドルイベント「シャイン・ア・ライト」(12月10日)も合わせて開催します!