盲目の人権活動家・陳光誠事件 まだ目が離せない!

陳光誠さん脱出後、兄の家族が標的に

陳光誠さんと妻子の渡米から1ヶ月、山東省に残された家族や支援者は、政府からの迫害におびやかされています。


「一人っ子政策」によって強制的に堕胎させられた女性たちを支援したために、陳光誠さんは自宅軟禁下に置かれていました。軟禁からの脱出劇からおよそ1カ月後、国際社会の監視と圧力もあり、5月19日、陳光誠さんと妻子はようやく渡米できました。

しかし、山東省に残された家族や支援者は、政府からの迫害におびやかされています。当局が兄の陳光福さんの自宅に押し入り、暴行する事件がありました。息子の陳克貴さんは身を守るために3人を負傷させ、殺人容疑で逮捕されました。当局は弁護士たちにこの事件に関わらないよう圧力をかけるなど、嫌がらせをしています。

陳光誠さんの親族や支援者の身の安全を守るために、そして中国のすべての活動家の自由を守るために、あなたの力が必要です。ぜひ署名アクションに参加してください。


世界第二位の経済大国・中国の光と影

民主化を求める人びとを弾圧し、数百人の命を奪った天安門事件が起きたのは1989年6月でした。あれから23年が経ち、急速に経済成長を続ける中国。しかし、人権のための改革は、23年前からほとんど変わっていません。

もっと読む

天安門事件で愛する人を失い、今なお公正な裁きを待ち続ける遺族たち。北京オリンピックや万博、都市開発など、成長を示す象徴的な出来事の影で立退きを強いられた住民たち。「一人っ子政策」のために強制的に堕胎させられ、傷ついた女性たち――さまざまな人権侵害によって苦しんでいる無数の人びとの声は、政府によって抑えられ続けています。

それでも、苦しむ人びとの代弁者となって、自らの危険もかえりみずに政府や国際社会に民主化や人権保障を求めている多くの活動家や弁護士、ジャーナリストは、確実に増えています。

王丹の写真王丹の写真

人権活動家の自由を保障することは、その背後にいるたくさんの人びとの権利を守ることにつながります。そのためには、国境を越えて、ひとりでも多くの人が、中国政府をウォッチする必要があります。あなたの力を貸してください。

天安門事件の学生リーダーであった王丹さんが7月に初来日、映画『亡命』と王丹のトーク・イベントがあります。ぜひご参加ください。

event_participation_btn.jpg

次の記事(キャンペーンページへ)
『天安門事件~事件を語る自由が欲しい』を読む>>

アクションに参加しよう!

陳光誠さんの親族の身の安全を守るために、ひとりひとりのメッセージを中国政府に届けることができます。ぜひ署名アクションに参加してください。

締切日 アクション終了
提出先 中国政府

※8月中にアムネスティ日本が大使館に要請し、あわせて署名を届けます。