【ガザ/イスラエル紛争】Twitterアクション

「私は正義が果されることを望みます。他に何もいらない、正義だけです。犯罪の責任者たちが裁かれるように、国際刑事裁判所はその義務を果たすべきです」

~ガザ地区で家族10人を失った50代男性の言葉~


2012年11月21日の午後9時にイスラエルとハマスの間の停戦が発効しました。

それまでに30名以上の子どもたちを含む160名余りの人びとがガザ地区で殺されました。一方、イスラエルではガザのパレスチナ武装グループから発射されたロケット弾により数名が殺されました。

多数の犠牲者を出した2008年から2009年にかけてのガザ・イスラエル南部の紛争。その戦争犯罪が裁かれないまま、武器流入も続き、このような悲劇がまた起きてしまいました。

国際法違反を見過ごすことは、新たな悲劇を生むことになります。そのためにはまず、きちんとした調査が必要です。


ガザ/イスラエル紛争 ツイッターアクション

いますぐお持ちのツイッターアカウントで、米国大統領@BarackObama、アラブ連盟事務局長@lassecgen、そして日本の外務省@MofaJapan_jp につぶやいてください。

【ツイッター・メッセージ】
下記の英語のメッセージを、そのままつぶやいてください!
つぶやく際、訳文は省いてください。
アムネスティ日本のTwitterでもつぶやいています。お時間のない方は、リツイートをお願いします。

Send expert international monitors immediately to the #Gaza Strip and southern #Israel. @BarackObama @lassecgen @MofaJapan_jp
訳文:専門家からなる国際調査団をすぐにガザ地区とイスラエル南部に派遣してください
Impose an arms embargo on #Israel, #Hamas and other Palestinian armed groups in #Gaza. @BarackObama @lassecgen @MofaJapan_jp
訳文:イスラエルやハマス、ガザのパレスチナ武装グループへの武器禁輸措置を講じてください
Put pressure on #Israel, #Hamas and other armed groups in #Gaza to respect international humanitarian law. @BarackObama @lassecgen
訳文:イスラエルやハマス、ガザの武装グループが国際人道法 を尊重するよう圧力をかけてください

【最新の報告をFacebookで紹介しています】

【関連情報】

アムネスティは人権侵害の被害者に寄り添うため、不偏不党の立場をとっています。
政府からの助成は一切受けていません。
アムネスティの活動は、すべてみなさまのご支援により支えられています。
ご寄付にご協力ください。

今すぐ寄付をする いつでもできるときのご寄付です。金額や期限の設定はありません。アムネスティ・インターナショナルの日々の活動を支える大切な資金となります。

DCカード、VISAカード、Masterカード、JCBカード、AMERICAN EXPRESSカードがご利用いただけます
ウェブサイトからのお申し込みは、クレジットカードが必要です。