ライティングマラソン2012 中国アクション

自宅監禁、脅迫、暴力などの危険にさらされている人権派弁護士

高智晟(こうちせい)さんは、中国で最も尊敬されている人権派弁護士の1人です。2006年に有罪判決を受けて以来、自宅監禁、脅迫、暴力などの危険にさらされています。

高智晟さんをただちに釈放するよう、温家宝国務院総理に要請してください。


高智晟さんは、2006年に「転覆扇動」の罪で、懲役3年・執行猶予5年の罪を言い渡されました。以来高さんは、不当な投獄のみならず、自宅監禁や暴力などの被害にあってきました。

身の危険を感じた高さんの家族は、中国を逃れ、現在はアメリカで生活しています。

アクションに参加しよう!

中国政府に手紙を書き、高さんような人権活動家が、今後二度とこのような事態に遭わないよう、中華人民共和国の温家宝国務院総理に要請してください。

署名はアムネスティ日本で取りまとめ、中国政府へ送ります。

アクション期間 アクション終了(2012年11月27日~12月25日まで)
要請先 中華人民共和国の温家宝国務院総理

※このアクションは12月7日~16日に開催される、手紙書きのイベント「ライティング・マラソン」のオンラインアクションです。全国でイベントを開催しています。お住まいの地域のイベントにぜひご参加ください。今年はキャンドルイベント「シャイン・ア・ライト」(12月10日)も合わせて開催します!