English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【東京】世界難民デー・特別トークイベント:僕らの声を聞いて!国を追われた難民の真実を知ろう~日本で暮らすミャンマー・ロヒンギャ難民の話~

【東京】世界難民デー・特別トークイベント:僕らの声を聞いて!国を追われた難民の真実を知ろう~日本で暮らすミャンマー・ロヒンギャ難民の話~

6/11

日曜日

14:00 ~

避難生活を送るロヒンギャ難民 ©UNHCR / S. Kritsanavarin 避難生活を送るロヒンギャ難民 ©UNHCR / S. Kritsanavarin

開催地:
東京
イベント種別:
セミナー
イベント期間:
6月11日(日)14:00~17:00 (13:30受付・開場)
  • 要事前申込

みなさんは「ロヒンギャ難民」のことを知っていますか。

ミャンマー(ビルマ)で暮らし、イスラム教を信仰するロヒンギャの人々は、同国政府による差別的な政策によって、長年、国籍を奪われ、移動の自由のない苦しい生活を強いられています。不当な抑圧に声を上げ、政府から嫌がらせや迫害を受ける者も少なくありません。

こうした中、家族を安心して暮らせる場所を求めて、多くのロヒンギャが国を逃れています。ここ日本にも、ロヒンギャ難民がいます。しかし、言葉の壁や異なる文化、難民の人へのサポート体制の不備、社会の偏見など、逃れ先でもさまざまな困難に直面します。

この状況を改善するために、私たちに何ができるのでしょうか。

ミャンマーから逃れ、日本で初めて難民として認定されたゾ―ミントゥさんをお招きし、日本で暮らす難民の人たちが置かれている状況をお伝えします。ゾーミントゥさんの話に耳を傾け、一人ひとりにできることを一緒に考えます。ぜひ、お越しください。

日時

6月11日(日)14:00~17:00(13:30受付・開場)

場所

アムネスティ日本 東京事務所
(東京都千代田区神田小川町2-12-14晴花ビル7階)

参加費

500円

ゲスト・ゾーミントゥ氏(ZAW MIN HTUT)さんのプロフィール

ミャンマー・アラカン州出身。ヤンゴン大学在学中に、民主化運動に参加。治安当局からの拘禁の危険を感じ、1998年に偽造パスポートを使い来日。難民申請をして、ロヒンギャとして初めて難民として認定される。

プログラム(予定)

14:00 はじめの挨拶
14:10 アムネスティのキャンペーン紹介、世界の状況
14:20 ゾーミントゥさんのお話し
15:10 休憩・フォトアクション
15:25 質疑応答
16:05 ゲストを交えてのグループディスカッション
16:45 おわりの挨拶

主催・お問い合わせ

アムネスティ・インターナショナル日本
E-mail:camp@amnesty.or.jp

お申し込み

下記のフォームよりお申し込みください。

入力例:foo@example.com

所属必須

(検索キーワード、他のWEBサイトの名前、その他の詳細など)

(毎週木曜日・無料配信)

個人情報保護方針必須

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ