English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【埼玉】シリーズ企画第一弾:いま難民に会いに行こう~ミャンマー・ロヒンギャ問題を知る~

【埼玉】シリーズ企画第一弾:いま難民に会いに行こう~ミャンマー・ロヒンギャ問題を知る~

4/28

土曜日

10:15 ~

ゾーミントゥさん ゾーミントゥさん

開催地:
群馬, 茨城, 埼玉, 千葉
イベント種別:
その他
イベント期間:
2018年4月28日(土) 10:15~
  • 要事前申込

昨年ゾーミントゥさんを招いて行ったセミナーの様子昨年ゾーミントゥさんを招いて行ったセミナーの様子

このイベントのお申し込みは終了しました。

紛争や迫害、ひどい差別、貧困などを理由に、いま多くの人が自分の国で暮らすことができずに他国へ逃れています。

「難民」という言葉を聞いて、何となく"遠い国の難しい問題""可愛そう、大変な人"といったイメージを持つ人もいるかもしれません。でも果たして本当にそうなのでしょうか。

この企画では、国を追われ、日本社会の中で暮らす人たちを実際に訪問し、彼らと語り合い、交流することで、難民を身近に感じ理解を深めていきます。

今回、会いに行くのは、ミャンマー(ビルマ)から逃れ、日本で初めて難民として認められたゾーミントゥさんです。ミャンマーでの経験や難民認定までの道のり、そして今の暮らしや家族のこと。直接、会いに行くことで分かり合えることがあります。

★難民支援の輪を広げよう!あなたが難民アンバサダー★

この企画に参加した方には、後日、ゾーミントゥさんの話をもとに簡単な記事を執筆していただきます。記事は、難民についてもっと多くの人に知ってもらうためにアムネスティの公式SNSなどで配信いたします。(配信にあたり、記事の内容を修正する場合があります。予めご了承ください。)

【ゾーミントゥ(Zaw Min Htut)さん】
ミャンマー・アラカン州出身。ヤンゴン大学在学中に、民主化運動に参加。治安当局からの拘禁の危険を感じ、1998年に偽造パスポートを使い来日。難民申請をして、ロヒンギャとして初めて難民として認定される。

日時

2018年4月28日(土) 10:15~

場所

埼玉県川越市

当日の流れ

  • 10:15 池袋駅集合
  • 10:40 移動
  • 12:00 ゾーミントゥさんと語り合う!
  • 14:00 移動
    (以降は任意)
  • 16:00 アムネスティ日本の東京事務所にてディスカッション、記事の執筆
  • 終了後、希望によりミャンマー料理で懇親会を行います。

参加費

無料。交通費は各自負担

定員

10名

主催・お問い合わせ

公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
TEL:03-3518-6777 E-mail:camp@amnesty.or.jp

要事前申し込み

このイベントのお申し込みは終了しました。

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ