English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【東京】セミナー「スマホの真実―電池の裏の人権侵害・環境破壊」

【東京】セミナー「スマホの真実―電池の裏の人権侵害・環境破壊」

6/10

日曜日

14:00 ~

開催地:
東京
イベント種別:
セミナー
イベント期間:
2018年6月10日(日) 14:00~16:00(受付13:30)
  • 要事前申込

鉱物の採掘現場で働く子ども©Amnesty International

私たちの暮らしになくてはならないものになりつつあるスマートフォンやさまざまな電子機器。それらをつくるためには20種類以上の鉱物が必要とされています。中には希少金属、通称「レアメタル」と呼ばれる金属も多く含まれています。

そうした貴重な鉱物を採掘している現場は、一体どんな所なのでしょうか?私たちの暮らしをつくっているモノの背景には、どんな採掘行為があるのでしょうか?

今回のセミナーでは、スマホから自動車まで多様な電子機器に使われるリチウムイオン電池に使われるレアメタルの採掘状況を調査したNGOスタッフ2名に現地で目撃された人権侵害や環境破壊の実態をご報告いただき、今後問題を防止していくために消費者にできることを一緒に考えます。

【報告者】

ジョシュア・ローゼンツワイグ Joshua Rosenzweig
アムネスティ・インターナショナル 東アジアリサーチディレクター。リチウムイオン電池に含まれるコンゴ民主共和国産の手掘りコバルトのサプライチェーンをを調査。児童労働を含む現地での過酷な労働環境の実態とSonyなどのIT機器メーカーや電気自動車メーカーとのかかわりを明らかにした。

波多江 秀枝 はたえ ほづえ (国際環境NGO FoE Japan)
フィリピンにおける大平洋金属、住友金属鉱山らの関わるニッケル採掘・精錬プロジェクトの影響を受けるコミュニティを2006年より調査。そのニッケルがPanasonicをはじめとする日本でのリチウムイオン電池製造にかかわっていることが明らかになっている。

日時

2018年6月10日(日) 14:00~16:00(受付13:30)

場所

ちよだプラットフォームスクウェア 501 (〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21)
(東京メトロ東西線「竹橋」駅 3b出口 徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線・千代田線・三田線「大手町」駅 C2b出口 徒歩2分、JR山手線「神田」駅 徒歩12分)

参加費

500円

お申し込み方法

▽ 下記のお申し込みフォームからお申し込みください。
http://bit.ly/ethicalseminar

もしくは、E-mail:office@parc-jp.org (担当:田中) までご連絡ください。
件名を「6/10セミナー申し込み」とし、お名前お申し込み人数を明記してください。

※今回ご提供いただく個人情報は、主催・協力団体の各種イベント等 に関する情報提供に使用させていただく場合があります。

共催

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
エシカルケータイキャンペーン実行委員会
※アムネスティは実行委員会の運営団体です。

問い合わせ

特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)/担当:田中
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11
TEL:03-5209-3455 FAX:03-5209-3453 E-mail:office@parc-jp.org

※本セミナーは大竹財団の助成を受けて開催します。

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ