English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【東京】討論会「人はどのようにして死刑囚とされ、解放されるのか?」

【東京】討論会「人はどのようにして死刑囚とされ、解放されるのか?」

10/30

火曜日

18:30 ~

開催地:
東京
イベント種別:
その他
イベント期間:
2018年10月30日(火)18:30-20:30(開場18:00)
  • 要事前申込

在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本主催で、下記の通り討論会「人はどのようにして死刑囚とされ、解放されるのか?」を開催します。

 

駐日大使のご挨拶

今夏、1995年に恐ろしい地下鉄サリン事件に関与し有罪となった13名の死刑が執行されました。フランスもテロによる攻撃の標的とされたことがあり、このような憎むべき行為を前に、日本の方々と苦しみを共にし、連帯を表明します。フランスは、然しながらEU加盟国として、死刑反対の立場に立ち、その廃止を世界中に呼び掛けています。

国際社会では、死刑廃止に向けた強い動きがあり、2017年には、死刑を執行した国は中国、サウジアラビア、北朝鮮、アメリカ合衆国、日本を含む僅か23カ国となっています。死刑はその不可逆性から、取り返しのつかない刑罰を果す可能性があります:無実の罪による死刑の執行です。

台湾の元死刑囚である徐自強氏の証言を通して、アンスティチュ・フランセ日本が開催する今回の討論会では、死刑にともなう誤審という問題に光を照てようとしています。いかなる法制度も誤謬を免れないからです。

これまでもフランスと日本は、相互に尊重し合いつつ多くのテーマについて意見交換を行ってきました。議論がなされることで、日本社会における死刑についての考察が深まる機会となることを願っております。

ローラン・ピック(駐日フランス大使)

※日仏同時通訳、日中逐次通訳

【パネリスト】

  • 徐自強(えん罪被害者)
    徐自身はえん罪の被害にあった台湾人で、殺害および誘拐の疑いをかけられ、希望もないままに死刑囚として16年を監獄で過ごした。台湾司法の歴史において彼はいくつもの意味で「初めて」の事例である。まず、彼は初めて大法官の憲法解釈によって死刑確定後、改めて裁判を受ける機会を得た。また、刑事裁判迅速化法にもとづいて釈放された最初の被告人でもある。16年にわたって閉じ込められた1.368坪の死刑囚房から出ることができたが、身の潔白を証明するまで21年を要した。この間5度の特別抗告、憲法解釈、7回の死刑判決と9回の裁判を受け、ようやく自由を勝ち取ることができた。
  • 金聖雄(映画監督)
    1963年大阪に生まれる。大阪の大学を卒業後、(株)リクルート勤務の後上京。東京の写真事務所を経て1990年フリーの助監督となり、ドキュメンタリー出演家呉徳洙、伊勢真一などの作品に参加。1993年以降、フリーランスの構成・編集・監督として多くの作品を手がけ現在に至る。2018年3月には、『SAYAMAみえない手錠をはずすまで』、『袴田巖 夢の間の世の中』につづく死刑とえん罪をテーマにしたドキュメンタリー映画最新作『獄友』が公開された。
  • 田鎖麻衣子(弁護士、監獄人権センター事務局長)
    1993年、東京大学法学部卒業。1995年、弁護士登録(第二東京弁護士会)。2016年、一橋大学大学院法学研究科修士課程修了(博士(法学))。NPO法人監獄人権センター事務局長。日本弁護士連合会刑事拘禁制度改革実現本部事務局次長、死刑制度及び関連する刑罰制度改革実現本部委員。

日時

2018年10月30日(火) 18:30-20:30(開場18:00)

場所

アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ

入場料

無料

お申し込み

下記のページからお申し込みください。
> アンスティチュ・フランセ東京 申込フォーム

主催

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

協力

台湾法改正委員会、公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本

後援

日本弁護士連合会

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ