English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【東京】ビジネスと人権フォーラム「セクターを超えた対話と協力に向けて~国別行動計画(NAP)策定によせて~」

【東京】ビジネスと人権フォーラム「セクターを超えた対話と協力に向けて~国別行動計画(NAP)策定によせて~」

12/13

木曜日

14:00 ~

開催地:
東京
イベント種別:
シンポジウム
イベント期間:
2018年12月13日(木) 14:00-17:30 (開場13:30)
  • 要事前申込

第1部では、「ビジネスの人権尊重―よい積み重ねをさらに前へ(Business respect for human rights – building on what works)」をテーマとする第7回国連ビジネスと人権フォーラム(11/26-28:ジュネーブ)の内容を参加者で共有します。

第2部では、日本政府が策定に取り組む「ビジネスと人権に関する国別行動計画(NAP)」について、ジュネーブフォーラムのテーマも踏まえながら、多様なセクターの参加のもと、市民社会の視点から議論を行います。NAP策定におけるマルチステークホルダープロセスの意義と重要性を改めて確認する機会ともします。

幅広い方々のご参加をお待ちしています。

日時

2018年12月13日(木) 14:00-17:30 (開場13:30)

会場

聖心グローバルプラザ(聖心女子大学4号館) ブリット記念ホール
(〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-2-24/日比谷線広尾駅4番出口から徒歩1分)

定員

200名(事前申し込み制)

参加費

無料

お申し込み

▽ 下記のURLからお申し込みください。
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/545651/

または、e-mail:info@bhr-nap-cspf.netまで氏名、ご所属をご連絡ください。
※ 個人情報は本フォーラム及び主催者の関連事業以外には使用しません。

プログラム

【第1部 14:00-15:35】第7回国連ビジネスと人権フォーラムの報告

  • 全体概要報告
    若林秀樹 氏(グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン[GCNJ]理事)
  • 今回のフォーラムの特徴とトレンド
    名越正貴 氏(EY Japan 気候変動・サステナビリティサービス[CCaSS]マネージャー)
    下田屋毅 氏(ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン[ASSC]代表理事)
  • 参加企業からの報告とディスカッション(参加しての感想、自社での生かし方等)
    GCNJツアー参加企業3~4社
    ファシリテーター:黒田かをり 氏(CSOネットワーク事務局長・理事)
  • まとめ(今後の取り組み等)
    大場恒雄 氏(GCNJ事務局長)

【第2部 15:45-17:30】国別行動計(NAP)策定への市民社会からの提言

  • イントロダクション:NAPをめぐる経過と第2部の趣旨
    ビジネスと人権NAP市民社会プラットフォーム
  • ミニセッション:パーム油の調達をめぐる企業とNGOの対話
    山田 瑶 氏(不二製油グループ本社)
    川上豊幸 氏(レインフォレスト・アクション・ネットワーク)
    モデレーター:土井陽子氏(アムネスティ・インターナショナル日本)
  • リレートーク:NAPへの市民社会からの提言
    障害者の視点から:中西由起子 氏(DPI日本会議)
    LGBTの視点から:下平 武 氏(LGBT法連合会)
    子どもの権利の視点から:堀江由美子氏(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)
    技能実習生の視点から:鳥井一平 氏(移住者と連帯する全国ネットワーク)
  • 経済団体からのコメント
  • 政府からのコメント(予定)

主催

ビジネスと人権NAP市民社会プラットフォーム
※アムネスティ・インターナショナル日本はこのプラットフォームの構成団体です。

共催

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)、聖心女子大学グローバル共生研究所

お問い合わせ

e-mail:info@bhr-nap-cspf.net

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ