English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【東京】スカイプ講演&交流会:世界の人権活動家と語り合おう!~Campaigning for LGBTI rights in Ukraine - One activist's story~

【東京】スカイプ講演&交流会:世界の人権活動家と語り合おう!~Campaigning for LGBTI rights in Ukraine - One activist's story~

5/25

土曜日

17:00 ~

開催地:
東京
イベント種別:
その他
イベント期間:
2019年5月25日(土) 17:00-19:00 /Saturday, 25 May 2019 5pm-7pm
  • 要事前申込

世界中で人権の為に取り組んでいる活動家の人たち。
日本で暮らしていると、直接交流する機会は多くありません。

アムネスティ日本では、そうした人権活動家の人たちと直接交流することで、世界の人権侵害に目を向けてもらおうと、ライブ中継で講演・交流するイベントを開催します。

第一回目のゲストは、東ヨーロッパの国、ウクライナでLGBTIや女性の権利の為に闘っているヴィタリナ・コヴァルさんです。

ウクライナでは、LGBTIや女性の権利のために勇気を持って声を上げた人たちが極右グループから脅されたり、襲われたりすることは珍しくありません。また、警察による十分な捜査は行われず、多くの場合、犯人が裁かれないことも。

こうした状況の中、ヴィタリナさんがどのような苦難に直面し、どのように困難を乗り越えてきたのかなど、経験談をお話しいただきます。また、直接質問できる時間もあります。活動家の生の声を、ぜひお聞きください。

※このイベントは英語で行います。通訳はありません。

Speaking up for LGBTI rights in Ukraine can be dangerous. Vitalina Koval is one of the brave activists who openly campaign for equality in an often hostile environment.

During the 2018 International Women's Day (IWD) march in the Ukrainian city of Uzhgorod, members of a right-wing group attacked participants and doused them in red paint. Vitalina, one of the event organizers, was among them. She sustained chemical burns to both her eyes. The attackers were arrested, but later released. This is not the first time IWD in Ukraine has been marred by violence.

The 2017 IWD march in Uzhgorod, in which Vitalina took part, was also disrupted by a gang of young men. The thugs charged at the protesters, tore up their posters, and shouted threats. Again, no one was held to account.

But Vitalina refuses to back down. She continues to fight for equal rights in Ukraine, taking the stage again during this year's women's march. Her activism has gained international media coverage; she featured in Amnesty's annual letter writing marathon,"Write for Rights".

We have arranged to talk with Vitalina via video link, and we invite you to join us to discuss the struggle for LGBTI rights in Ukraine, and how we might support it! It's also a great chance to connect with like-minded people and make new friends!

*This event will be held in English without interpretation into Japanese.

日時/Date

2019年5月25日(土) 17:00-19:00 /Saturday, 25 May 2019 5pm-7pm

場所/Place

アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所
(東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7F)

Amnesty International Japan Tokyo Office
(7F Seika Bldg. 2-12-14 Kandaogawamachi, chiyoda-ku Tokyo)

費用/Fees

無料/Free of charge

講師プロフィール/Speaker Profile

ヴィタリナ・コヴァル/Vitalina Koval

ヴィタリナ・コヴァルさん(28歳)は、2016以来にウクライナのウージュホロド市で、LGBTIの権利と女性の権利の為に積極的に活動をしています。活動家になってから、彼女はLGBTIコミュニティセンターを設立し、定期的に会合を開催、LGBTIの人々の為にサポートを提供しています。ヴィタリナさんはオープンリー・レスビアン、ウクライナのすべての人のための平等と自由の権利のために闘っています。

Vitalina Koval, 28, has been campaigning for equal rights for LGBTI people and women in her hometown of Uzhgorod since 2016. She helped establish an LGBTI community centre which provides a safe space for meetings, and offers peer to peer support for LGBTI people.

お申し込み/Reservation

e.g. foo@example.com

e.g. 0312345678

※Japanese only

個人情報保護方針/Personal Information必須

ご記入いただきました個人情報は、「個人情報保護に関する基本方針」に基づきアムネスティが厳重に管理いたします。必ず事前に「個人情報保護に関する基本方針」をお読みください。The personal information you have provided may be used for donation management in our movement, the provision of the information on campaigns and events and donation solicitation to you. Your personal information shall never be provided to any third parties unless otherwise specified by laws and regulations as exceptions.

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ