English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【東京】夏休み子ども向けイベント「絵本を読んで難民について考えよう!」

【東京】夏休み子ども向けイベント「絵本を読んで難民について考えよう!」

8/2

金曜日

13:00 ~

開催地:
東京
イベント種別:
その他
イベント期間:
2019年8月2日(金)13:00-15:00
  • 要事前申込

この夏休み、お子さんやお孫さんと一緒に、絵本で難民について学んでみませんか。
あのドンハマ★さんが、絵本『ジャーニー 国境をこえて』の読み聞かせをします!

絵本『ジャーニー 国境をこえて』は、住み慣れた故郷を追われ、命懸けで国境をこえて旅をする難民の家族の物語です。

読み聞かせの後は、絵本に登場するシーンについてみんなで話し合ったり、物語の続きを考えたりと、難民の人たちへの理解を深めるためのプログラムも用意しています。

難民問題についてもわかりやすく説明しますので、難民について全く知らない保護者の方でも、お気軽にご参加いただけます。

夏休みの自由研究に、また、子どもと一緒に人権について考えるきっかけとして、ぜひ、ご参加ください。

ドンハマ★さん

■読み聞かせ人:ドンハマ★さん

「おとなの絵本プロジェクト」主宰。2014年から大人を対象とした絵本のよみきかせイベントを行い、これまでに約300回、約5000人が参加。「絵本を読んだ大人が元気でニコニコすれば、きっと子どもにもよい影響を与える」という信条のもと、活動を続けている。キラキラの大きな蝶ネクタイがトレードマーク。

絵本『ジャーニー 国境をこえて』"The Journey" ©Flying Eye Books 2016 Illustrations and Text by Francesca Sanna, Japanese text by Machiko Aoyama

■読み聞かせ絵本『ジャーニー 国境をこえて』

実際に難民となってしまった人たちのたくさんの旅の話をもとに描かれた絵本。(フランチェスカ・サンナ作、青山真知子訳、きじとら出版)

プログラム

  • 絵本『ジャーニー~国境をこえて』読み聞かせ
  • 難民について知ろう!わかりやすい難民問題
  • 印象に残った絵本のシーンを話し合ってみよう!
  • 絵本の続きを考えてみよう!

日時

2019年8月2日(金)13:00-15:00

場所

アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所
(東京都千代田区神田小川町2-12-14 晴花ビル7F)

参加費

無料

対象

小学生(高学年)の子どもと保護者
※必ず保護者同伴でご参加ください。

定員

先着15組
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※保護者1人につき、子ども2人までお申し込みいただけます。

お申し込み

下記のフォームからお申し込みください。

例)人権 太郎(ジンケン タロウ)

例)人権 花子(ジンケン ハナコ)小学5年生

※子ども2名参加の場合のみ入力

入力例:foo@example.com

※イベントで学びたいことなど

個人情報保護方針必須

イベントに参加する

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ