12/1

(日)

【大阪】Write for Rights パーティー/Write for Rights Party

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【大阪】Write for Rights パーティー/Write for Rights Party

vent_20191201_kansai.png

アンサンブル・サビーナによるクラシック演奏、そして最後に死刑囚が処刑される直前の夢を歌う 「思い出のグリーングラス」 を参加者で合唱します!

1948年12月10日 国連総会は世界人権宣言を採択。その日を記念して世界人権デーは制定されました。

この日の前後に、世界人権宣言の意義を再認識するために、アムネスティは不当に拘束されている人々の釈放を政府に求めて、また、人権侵害の被害者には一緒に闘っていることを伝えるために、「手紙を書こう」”Write for Rights”を実施。

あなたのメッセージが、国境を越えて希望の灯りをともすライティングマラソンに参加しませんか?

今年はアンサンブル・サビーナが客演協力、クラシック音楽を奏で、最後は「思い出のグリーングラス」 を参加者で合唱し、パーティを盛り上げます。

【合唱する「思い出のグリーングラス」について】

パーティの最後に参加者は「思い出のグリーングラス」を合唱します。教科書にも載っているこの歌(Green, Green Grass of Home)はアメリカのシンガーソングライター、カーリー・プットマンが書いた歌です。日本語では故郷の青い芝生を懐かしがる哀愁の歌のような歌詞です。 しかし、実際の内容は3番の歌詞で、夜明けに刑務官と老いた牧師とともに歩くということで、死刑囚が死刑執行の前に見た懐かしい故郷と家、父母、恋人の元に帰る夢だということが分ります。

December 10, 1948, the Universal Declaration of Human Rights was adopted at the UN General Assembly. In commemoration of the day, World Human Rights day was enacted. To reaffirm the significance of the Universal Declaration of Human Rights, Amnesty International conducts a "letter writing" campaign. We will urge the government to release unjustly detained people and to inform the victims of human rights abuses that they are not alone and that we are fighting together.
This year, Ensemble Sabina will join us and perform classical music. Participants will chorus a song, “Green Glass of Memories” that sings the dream of the death row. Why do not you join the Amnesty Party?”

日時

12月1日(日)15:30-17:45/December 1, Sunday
3:30 ライティングマラソン開始
4:00&5:20 アンサンブル・サビーナ演奏

場所

ザ・ブラーニーストーン梅田/ Irish bar, the Blarney Stone Umeda
(〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-10-15 曽根崎センタービル6F/2-10-15 Sonezaki, Kita-ku, Osaka (Sonezaki Center Building 6F))

参加費

1,000円 (500円ドリンク付) /1000 yen (with 500 yen drink)

主催・お問い合わせ

アムネスティ・インターナショナル日本 関西連絡会/Amnesty International Japan Kansai-network
TEL: 06-6227-8991 FAX: 06-6227-8992 Email:osaka@amnesty.or.jp
(平日 13:00~18:00、月・土・日・祝日休み)
※準備のため、可能な限り事前にお申し込みください。