香港国家安全維持法制定に向けた動きが進む中、2020年6月4日に香港で行われた天安門事件記念集会。「コロナウイルス対策」を理由に当局が集会を禁止するも、大勢の市民が集まった。©Kaoru Ng

11/8

(日)

  • 要事前申込
【オンライン】香港は今〜国家安全法施行から4カ月・現地の声を聞く〜

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【オンライン】香港は今〜国家安全法施行から4カ月・現地の声を聞く〜

香港国家安全維持法(国安法)が6月30日に公布、即日施行されてから4カ月が過ぎようとしています。

この法律の施行前から続いている、香港の自由を守ろうとする人たちへの弾圧は、やむことを知りません。最近でも、香港から逃れようとした12人の活動家が海上で拘束されたり、授業で香港独立をめぐる議論を取り上げた小学校教員の免許が取り消されたりしています。

これらの弾圧は必ずしも国安法を適用したものではありませんが、どのような運用となるのかがよく分からない国安法への恐れと相まって、人々の自由な意見表明や活動を妨げ、萎縮させています。

国安法施行後の香港の人々は何を考えているのか、表現方法に影響はあるのか、ビジネスやアートにどのような影響があるのか、香港在住の香港人・日本人に語っていただきます。

日時

2020年11月8日(日) 13:00-15:00

場所

YouTubeにてライブストリーミング配信

お話

香港在住の学生、会社員、ジャーナリスト、弁護士

主催・お問い合わせ

アムネスティ・インターナショナル日本・中国チーム
E-mail: camp@amnesty.or.jp

お申し込み 締切11月7日(土)17時まで

下記のフォームからお申し込みください。

<注意事項>
※お申し込みいただいたメールアドレスに、YouTubeの視聴URLをお送りします。
※お申し込み後、10分以内にメールが届かない場合は、必ず前もってお問い合わせください。
直前のお問い合わせには対応できません
※メールが迷惑メールフォルダに入っている場合もありますのでそちらもご確認ください。
ライブ配信終了後は動画はご覧いただけません

 

このイベントは終了しました。