7/22

(金)

  • 要事前申込
【オンライン】「ビジネスと人権」入門セミナー

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. イベントに参加する
  4. 【オンライン】「ビジネスと人権」入門セミナー

Googleの「ドラゴンフライ」導入中止を求める、英国支部のメンバー。アムネスティは2018年、検閲や監視が容易になる中国向けの検索エンジン「ドラゴンフライ」の開発を進めていたGoogleに対し、このサービスが導入されると、ユーザーに多大なリスクを与えるとして導入の中止を求めた。

Googleの「ドラゴンフライ」導入中止を求める、英国支部のメンバー。アムネスティは2018年、検閲や監視が容易になる中国向けの検索エンジン「ドラゴンフライ」の開発を進めていたGoogleに対し、このサービスが導入されると、ユーザーに多大にリスクを与えるとして導入の中止を求めた。

わたしたちの生活は、多くの企業により支えられています。そしてその企業の活動も、多くの人々により成り立っています。わたしたちの生活と企業活動が持続可能であるためには、企業の事業活動に関わるすべての人の権利(人権)が尊重されることが前提となります。

企業活動のグローバル化や競争の激化に伴い、多国籍企業をはじめ様々な企業は利益の極大化のために、貪欲に成長の機会を追求し、またコスト削減や効率化を継続的に進めています。

そのような企業活動の陰で、従業員をはじめ顧客や取引先、地域住民、製品の原料・部材を生産・加工する人々の人権は見落とされています。それは時にニュースとして取り上げられることがあるものの、今もなお企業による人権侵害は後を絶ちません。これが「ビジネスと人権」の問題です。

わたしたちは、消費者、労働者/就業応募者、供給者、投資家等、何らかの立場で企業活動に関わっています。「ビジネスと人権」は多くの人にとっては、なじみがないかもしれませんが、すべての人にとって身近なテーマです。

本セミナーは、「ビジネスと人権」の入門編です。予備知識は不要です。このテーマについて、これから学びたい方、今までなんとなく気になったことがある方、大歓迎です。

セミナーの前半に「ビジネスと人権」の考え方をわかりやすく解説し、後半では参加者の皆さんとフランクにディスカッションします。わたしたち一人ひとりに何ができるのか、気づきのある1時間となれば幸いです。ぜひお気軽にご参加ください。

主な内容

  • 人権とは
  • アムネスティとビジネスと人権の活動
    - 事例と取り組み
  • 企業の人権尊重の責任
    - 国連のビジネスと人権に関する指導原則
    - 企業に求められる人権デューデリジェンス
    - 日本の経済界・政府の動き など
  • ディスカッション

日時

2022年7月22日(金) 19:00~20:00

配信方法

オンライン(Zoom配信)

定員

20名

参加費

無料

主催・お問い合わせ

アムネスティ・インターナショナル日本 ビジネスと人権チーム
E-mail:bhrs@amnesty.or.jp

お申し込み

お申し込みは終了しました。