English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. : イラク(更新情報)
    不公正な裁判の後、投獄される


イラク(更新情報)
不公正な裁判の後、投獄される

最新情報:
2011年3月29日 (更新情報)
更新履歴:
2011年3月16日
国名:
対象者:
ワリド・ユニス・アフマド(男性)
期限:
2011年4月29日
配信日:
2011年3月29日
UA No:
70/2011
AI INDEX:MDE14/011/2011
国際事務局配信日: 2011年3月18日

ワリド・ユニス・アフマド、不公正な裁判の後、懲役5年を宣告される


アブ・クベイブという名前で知られるワリド・ユニス・アフマドは、2000年2月6日イラクのクルド地域で逮捕された。彼は10年以上、起訴もされず裁判もなく拘禁されていた。2010年にようやく起訴され、2011年3月17日イラク北部クルド地域のダフークにある刑事裁判所で裁判を受け、有罪を宣告されて懲役5年の判決を受けた。

ワリド・ユニス・アフマドは「2009年ダフークでテロリストによる襲撃を実行するために、キルクークやモスルで彼の支持者たちに刑務所から命令や指示を送った」として有罪判決を受けた。アムネスティは、これは裁判なく彼を長期間拘禁したことを正当化しようとして捏造された起訴であり、不法であると考える。この起訴は「秘密の情報提供者」が提供したと言われる情報に基づいている。この人物は身元が明らかにされておらず、証言するため、あるいはワリド・ユニス・アフマドの弁護士による質問に答えるために法廷に現われることはなかった。ワリド・ユニス・アフマドが刑務所から出したとされる手紙を書いた証拠はなかった。

ワリド・ユニス・アフマドの判決の際、裁判所は彼が刑務所で過ごした最後の1年だけを考慮した。これは、彼が5年の刑のうち4年を服役することを意味している。彼は最初の10年間は不法に拘禁されていたのである。彼の不法な拘禁(そのうち3年間、ワリド・ユニス・アフマドは強制失踪となっており拷問を受けたと申し立てている)に責任のある人びとは責任を問われていない。

ワリド・ユニス・アフマドの弁護士によると、彼は上訴する予定だが、棄却されれば刑務所で4年以上過ごすことになる可能性に直面している、とアムネスティに話した。

アムネスティはワリド・ユニス・アフマドに対する起訴は捏造されたもので、彼は不公正な裁判を受けたと考えている。

追加情報


ワリド・ユニス・アフマドは2000年2月6日、イラクの半自治クルド地域の県府アルビールでクルドの公安警察アサイッシュのメンバーによって逮捕された。その後3年間彼の所在も生死さえも分からなかった。

ワリド・ユニス・アフマドは、この3年間に拷問を受けたと申し立てている。彼は、抗議のためにハンストを行なった後、隔離拘禁された。その後、説明もないまま刑務所から刑務所へと移動させられた。彼は現在イラクのクルド地域のダフークにある刑務所で拘禁されている。

ワリド・ユニス・アフマドはイラクの少数派テュルク民族に属している。逮捕前、彼は通訳者兼番組編成者として、イスラム系野党クルド・イスラム運動と関係があると思われている地元のラジオ・テレビ局で働いていた。逮捕の少し前に彼はクルド・イスラム運動の集会に参加していた。その後、彼が乗せてもらった車は、警察によって停止・検査された。伝えられるところによると、警察は爆発物をいくつか発見し、ワリド・ユニス・アフマドを逮捕した。彼は爆発物については何も知らないと否認した。一緒に逮捕された運転手は3カ月後釈放された。

2010年6月、アムネスティ調査団が、拘置所のワリド・ユニス・アフマドを訪ねた。

アムネスティはこれまで2年間以上ワリド・ユニス・アフマドのためにキャンペーンを行なっている。ワリド・ユニス・アフマドは2010年のライティング・マラソンに含まれていた。

アクション:英語、クルド語、アラビア語あるいは母語で以下の内容のアピールを作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファクス、eメールなどで、できるだけ早く送付してください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用ください:
-- ワリド・ユニス・アフマドの即時無条件釈放と、彼に対する起訴の取り下げを要請する。
-- ワリド・ユニス・アフマドとその家族に、彼が10年以上起訴も裁判もなく拘禁されたこと、および彼が受けた拷問やその他虐待に対して補償を提供するように要請する。
-- 彼の長期に渡る拘禁、そして彼に対する深刻な起訴事由の明らかな捏造について独立した調査をするように、またこれらの責任者に責任を取らせるように要請する。

手紙の宛先 :
クルド地域政府
(大統領)
Mas'ud Barzani
President
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency

(首相)
Barhim Salih
Prime Minister
Kurdistan Regional government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency

(内務大臣)
Karim Sinjari
Minister for the Interior
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency

(法務大臣)
Raouf Rashid Abdulrahman
Minister of Justice
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency


コピーの宛先



クルド地域政府(KRG)海外事務所
KRG事務所は日本にはありません。
参照:http://www.krg.org/articles/detail.asp?rnr=161&lngnr=12&smap=04080100&anr=65

UA 70/11の

追加情報

です。
詳しくは: http://www.amnesty.org/en/library/info/MDE14/010/2011/en (英語のみ)

至急アピールを出してください。期限を過ぎた場合は、UAセンターまでお問い合わせ下さい。

(アピール例文)

Mas'ud Barzani
President
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq

Your Excellency,

I am writing to express my deep concern of Walid Yunis Ahmad who was tried and convicted by the Criminal Court in Dohuk, in the Kurdistan Region of northern Iraq, and sentenced to five years in prison.

Amnesty international believes that the charges against Walid Yunis Ahmad were fabricated and that he has received an unfair trial.

I therefore call on you to release Walid Yunis Ahmad immediately and unconditionally, and to drop the charges against him.

I also urge you to provide reparation to Walid Yunis Ahmad and his family for the more than 10 years that he was detained without charge or trial and for the torture and other ill-treatment to which he was subjected.

The last, but not the least, I call for an independent investigation into his prolonged detention and the apparent fabrication of serious charges against him, and for those responsible to be held accountable.

Sincerely yours,

アクションしてください。

アクション:英語、クルド語、アラビア語あるいは母語で以下の内容のアピールを作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファクス、eメールなどで、できるだけ早く送付してください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用ください:
-- ワリド・ユニス・アフマドの即時無条件釈放と、彼に対する起訴の取り下げを要請する。
-- ワリド・ユニス・アフマドとその家族に、彼が10年以上起訴も裁判もなく拘禁されたこと、および彼が受けた拷問やその他虐待に対して補償を提供するように要請する。
-- 彼の長期に渡る拘禁、そして彼に対する深刻な起訴事由の明らかな捏造について独立した調査をするように、またこれらの責任者に責任を取らせるように要請する。

手紙の宛先 :
クルド地域政府
(大統領)
Mas'ud Barzani
President
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency

(首相)
Barhim Salih
Prime Minister
Kurdistan Regional government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency

(内務大臣)
Karim Sinjari
Minister for the Interior
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency

(法務大臣)
Raouf Rashid Abdulrahman
Minister of Justice
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq
書き出し: Your Excellency


コピーの宛先

クルド地域政府(KRG)海外事務所
KRG事務所は日本にはありません。
参照:http://www.krg.org/articles/detail.asp?rnr=161&lngnr=12&smap=04080100&anr=65

UA 70/11の追加情報です。
詳しくは: http://www.amnesty.org/en/library/info/MDE14/010/2011/en (英語のみ)

至急アピールを出してください。期限を過ぎた場合は、UAセンターまでお問い合わせ下さい。

(アピール例文)

Mas'ud Barzani
President
Kurdistan Regional Government
Erbil
Republic of Iraq

Your Excellency,

I am writing to express my deep concern of Walid Yunis Ahmad who was tried and convicted by the Criminal Court in Dohuk, in the Kurdistan Region of northern Iraq, and sentenced to five years in prison.

Amnesty international believes that the charges against Walid Yunis Ahmad were fabricated and that he has received an unfair trial.

I therefore call on you to release Walid Yunis Ahmad immediately and unconditionally, and to drop the charges against him.

I also urge you to provide reparation to Walid Yunis Ahmad and his family for the more than 10 years that he was detained without charge or trial and for the torture and other ill-treatment to which he was subjected.

The last, but not the least, I call for an independent investigation into his prolonged detention and the apparent fabrication of serious charges against him, and for those responsible to be held accountable.

Sincerely yours,

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ