English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. カタール: アル−アジャミの刑が15年に減刑される

カタール:
アル−アジャミの刑が15年に減刑される

最新情報:
2013年3月 4日
国名:
カタール
対象者:
モハメド・アル−アジャミ(男性)
期限:
2013年4月 8日
配信日:
2013年3月 4日
UA No:
319/2012

カタールの詩人モハメド・アル−アジャミは、2011年11月以来、手がけた詩に関連した「違反」による刑で拘禁されている。この詩人が終身刑から15年の禁固刑に減刑された。彼は平和的に表現の自由の権利を行使しただけで拘束されている、良心の囚人といえる。

モハメド・アル−アジャミの控訴審は2013年1月に始まった。首都ドーハでの控訴裁判所は2月25日、刑を15年の禁固刑に減刑した。メディアによれば判事は減刑の理由に触れなかった。モハメド・アル−アジャミは最高裁判所に上告する。彼はまだドーハの中央刑務所で独房に監禁されている。

モハメド・アル−アジャミは2011年11月16日にドーハで国家保安機関に逮捕された。容疑は、「政治体制の転覆を扇動した」ことと、「首長を侮辱した」ことである。 彼は保安機関の召喚に応じると、すぐに逮捕された。その後、面会が許されるまで数カ月間、外部との接触を絶たれた監禁状態にあった。

湾岸地域の人権活動家によると、検察はモハメド・アル−アジャミが2010年に首長に批判的な詩を書いたとして訴追した。しかし、本当の理由は、2010年に始まりアラブ世界全体に広がった反政府運動のさなかに彼が書いた、2011年の「ジャスミンの詩」ではないかとこの活動家は考えている。この詩は湾岸の国々を批判し、「我々はみな、抑圧的なエリートの顔をしたチュニジアである」と歌っている。

裁判は、2011年11月にドーハの刑事裁判所で始まったが、審議は非公開で、不正行為で混乱していると言われている。弁護人はある審議に出席を認められず、文書のみで弁護をしなければならなかった。2012年11月29日に彼は同法廷で終身刑の判決を言い渡された。傍聴人のうち何人かは入廷を許されず、判決のときモハメド・アル−アジャミ本人は欠席だった。

もっと読む

追加情報

カタールのモハメド・アル−アジャミの判決については、アムネスティのプレスリリースもご覧ください。Outrageous life sentence for ‘Jasmine poet’, 29 November 2011

今年1月8日、国連人権高等弁務官事務所も、彼の裁判の、弁護人依頼権の保障を含む公正性に懸念を表明している。

カタールでは表現の自由が厳しく制限されており、報道陣も自主的な検閲をおこなっている。さらに、2004年の湾岸協力会議(GCC)テロ抑制協定には、合法的な活動を犯罪化できる危険のある条項があり、表現の自由はますます脅かされるようになった。カタール政府はこの協定を2008年5月に結んだ。

表現の自由と結社の自由の権利は国際的人権法と基準で保障されている。これらが制限されるのには、他の人の権利や名誉を守るためなどの、特別な理由がなくてはならない。それは必要性が明らかで釣り合いがとれていなくてはならず、権利そのものを危険に陥れるものであってはならない。当局に属する公人は、一般人よりも批判に対し寛容でなくてはならない。公的機関で働くものを批判から守るための法律は、表現の自由の尊重と相容れないものである。

アクションしてください。

アラビア語、英語あるいは母語で、以下の内容のアピールを作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファックスあるいはeメールで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • モハメド・アル−アジャミの刑は2月25日に減刑されたものの、彼は平和的に表現の自由の権利を行使したことのみにより拘束されている、良心の囚人であると見られることに懸念を表明する。
  • もしそうであるなら、モハメド・アル−アジャミを即時かつ無条件に釈放し、有罪判決を撤回するようカタール当局に要求する。

宛先
内務大臣 Minister of the interior
Sheikh Abdullah bin Khalid Al Thani
Ministry of the interior
PO Box 920
Doha, State of Qatar
Fax: +974 4432 2927
Email: info@moi.gov.qa
書き出し: His Excellency

カタール首長 Amir of the State of Qatar
Sheikh Hamad bin Khalifa Al Thani
PO Box 923
Doha, State of Qatar
Fax: +974 4436 1212
書き出し: Your Highness

コピーの宛先
司法長官 Attorney General
Dr Ali bin Fetais Al Marri
PO Box 705
Doha, State of Qatar
Fax: +974 4484 3211
書き出し: Dr Ali bin Fetais Al Marri

カタール国大使館
Embassy of the State of Qatar in Japan
〒106-0046 東京都港区元麻布2丁目3-28
電話:03-5475-0611、03-5475-0613
特命全権大使:ユセフ・モハメド・ビラール 閣下
His Excellency Mr. Yousef Mohamed BILAL

できるだけ早くアピールを出してください。期限を過ぎた場合はUAセンターまでお問い合わせ下さい。

アピール例文:内務大臣宛の場合

Sheikh Abdullah bin Khalid Al Thani
Ministry of the interior
PO Box 920
Doha, State of Qatar
↑ここに宛先を記入

His Excellency,
↑ここに書き出しを記入

I would like to express my deep concern for the poet Mohammed al-Ajami, who has been detained since November 2011. Although his sentence was reduced from life sentence to 15 years of imprisonment on 25 February, he appears to be a prisoner of conscience, jailed solely for the peaceful exercise of his right to freedom of expression.

If it is the case, I call on you to release Mohammed al-Ajami immediately and unconditionally, and overturn his conviction.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ