English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. バーレーン: バーレーンで子どもが釈放された。

バーレーン:
バーレーンで子どもが釈放された。

最新情報:
2013年1月11日 (stop情報)
国名:
バーレーン
対象者:
ムハンマド・ムハンマド・アブドゥルナビ・アブドゥルワシ(男性)
期限:
2013年2月11日
配信日:
2013年1月11日
UA No:
362/2012

ムハンマド・ムハンマド・アブドゥルナビ・アブドゥルワシ(16歳)は、起訴もなく未成年拘禁所センターから釈放された。

ムハンマド・ムハンマド・アブドゥルナビ・アブドゥルワシは2012年12月20日の夜、釈放された。その朝彼はバーレーン北東部にあるドライドック刑務所から少年拘禁センターに移された。そこで家族との面会が認められた。

アムネスティが入手した情報によると、逮捕された後、警官は巡回を行っている6時間、警察車両内に拘束されていた。その後、ドライドック刑務所での尋問中、警官たちに殴られたという。具体的な逮捕理由は不明である。

彼は12月11日、シトラにある自宅に踏み込んだ機動隊に逮捕された。機動隊は逮捕状を提示しなかったようだ。この急撃で玄関ドアは壊され、家内の金品が盗られた。家族がアムネスティに語ったところでは、機動隊は(居住している証拠に)電気料金請求書の提示を求めた。家族がそれを捜しに別の部屋に行った隙に、連行していった。逮捕から2日後、彼は家族に電話することができ、ドライドック刑務所に拘禁されているということだった。逮捕の翌日、弁護士や家族の付き添いもなく、検察庁に連れて行かれた。

国際法によると18歳以下のものは何人も子どもであり、刑事犯罪の容疑をかけられた子どもは、未成年司法制度の規定に従って取り扱われるべきである。

UAネットワークによるこれ以上のアクションは必要ありません。アムネスティはこの件を注視し続け、必要に応じて対応します。アピールを送ってくださったすべての人に感謝します。

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ