English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ラオス: ラオスの市民リーダーの安否 高まる懸念

ラオス:
ラオスの市民リーダーの安否 高まる懸念

最新情報:
2013年12月13日 (更新情報)
更新履歴:
2013年1月26日
国名:
ラオス
対象者:
ソムバット・ソムボーン(男性)
期限:
2013年1月22日
配信日:
2013年12月13日
UA No:
010/2013

何者かに拉致され行方不明のソムバット・ソムボーンさん(62歳)の捜査が行われず、その安否に対する不安が高まっている。彼は持病を持ち、日々投薬を必要としている。

2012年12月15日、警備担当者の面前で、ソムバットさんが拉致されてからほぼ1年が経過した。この間、音信が途絶えたままだが、公正な捜査が行われていない。安否の不安が高まるばかりだ。

彼の拉致の模様はテレビ映像に記録されていて、家族はそのコピーを取った。当局は、映像では拉致に使われた車のナンバーがわからないと主張している。米国、欧州連合、東南アジア諸国連合の国会議員、国連人権高等弁務官事務所は、繰り返し緊急調査を要求してきたが、これまですら十分とは言えない捜査は、まったく進んでいないようだ。テレビ映像を解析するために技術支援も提案されたが拒否されている。当局には、この問題への真剣な姿勢に欠けることは明らかであり、何らかの隠ぺいをしている疑いがある。

ソムバットさんは1996年、ラオスにおける教育、指導力、持続可能な開発を促進するために、「参加型開発研修センター」を立ち上げた。2005年、彼は地域リーダーを讃える「ラモン・マグサイサイ賞」を受賞した。2012年10月、ビエンチャンで「アジア欧州市民フォーラム」の開催を手伝った。これが強制失踪の理由のひとつだと思われる。

もっと読む

追加情報

ソムバットさんは2012年12月15日午後5時半頃、車で事務所を出た。6時ころ、ビエンチャンのシサタナック区サディア通りの検問所で警官に車を止められた。監視カメラのビデオ映像に、彼が警官と話すために車から降りるのが映っている。オートバイに乗った男があらわれ、ソムバットさんの車を奪い、走り去った。自分のオートバイは乗り捨てた。その後、ヘッドライトを点滅させたトラックが現れ、ソムバットさんを引っ張り込み、走り去った。アムネスティが映像を分析したところ、拉致したトラックの前を走っていたバイクに乗っていた者が、空に銃を発砲していたことがわかった。これは目撃者への警告か、あるいは拉致に関係する別の理由があったのかもしれない。家族と友人は、映像に映っている人物のひとりがソムバットさんであることを確認した。

当局はこの拘束と失踪への関与を否定した。警察は通常の免許証のチェックをしたにすぎず、その後、個人的トラブルに巻き込まれ、拉致されたのだろうという。捜査に関して警察は何回か会見しているが、情報はほとんどなく、徹底さも緊急性もみられない。

ソムバットさんの家族と友人、国内外の市民グループ、外国政府、および国連は、彼の失踪を徹底的に調査し無事に帰宅できるよう要請している。友人たちは、釈放を求めるオンライン・キャンペーンを実施し、マスコミ報道や各種支援活動にリンクしているウエブサイトを作った。

ラオスは、「市民的および政治的権利に関する国際規約(ICCPR)」の締約国である。自由権規約の第9条は、個人の自由と安全の権利を定めている。当局がいかなる個人をも恣意的に逮捕し、拘禁することを禁じ、逮捕あるいは拘束された者は誰であれ速やかに裁判を受け、妥当な期間内に審理されあるいは釈放されなければならないと規定している。

国家は公務員にこの権利を尊重させる必要がある。さらに、公務員は私人や団体による権利の侵害から個人を守る義務を負う。また自由権規約第2条(3(a))では、この条約の下で権利が侵害されてきた人びとに対して国家は「実効的な救済」を行う義務があると規定している。このような行為を防止する効果的な手段をとらず、これらの人権侵害を調査し、阻止し、加害者を裁判にかけるなどの実効性のある救済を行わないことは、ICCPRに定める締約国の義務違反である。

ラオスは、「強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約」に調印したがいまだに批准していない。条約は強制的失踪を禁止している。強制的失踪とは「国家機関や国の支援あるいは同意を得て当局と共に行動している民間人グループによる逮捕、未決拘禁、拉致、あるいはあらゆる形態の自由の剥奪のことであり、自由剥奪確認の拒否や失踪した人の先行きや所在の隠匿をともなう。強制的失踪は失踪した人を法による保護の埒外に置く。国はこのような行為や、国の認可、支援、承諾なしに行動する個人やグループによって行われた類似の行為を調査するために措置を講じ、責任者を裁判にかけなければならない。

アクションしてください。

ラオス語、英語、日本語のいずれかで以下のアピール文を作り、ファックス、eメール、航空書簡(全世界90円)などで、以下の当局に送ってください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • ソムバットさんの強制失踪に対して、公平な調査を実施するために、独立した委員会を直ちに新設する。居所を突き止め家族のもとに無事に返すために、国際法が定める責務に沿って、あらゆる措置を講じる。
  • この委員会は、捜査にあたって有力な専門家に技術支援を仰ぎ、拉致の様子を撮った映像を法医学的に分析する。
  • 捜査の進捗情報を詳細かつ頻繁にソムバットさんの家族、弁護士、および正当な権利を持つ人々に知らせる。

宛先
首相 Prime Minister Thongsing Thammavong
Prime Minister’s Office,
Lane Xang Avenue, Vientiane,
Lao People’s Democratic Republic
Fax: + 856 21 213650
書き出し:Dear Prime Minister

コピーの宛先
外務大臣 Minister of Foreign Affairs Dr Thongloun Sisoulith 
Ministry of Foreign Affairs
Singha Road,Vientiane
Lao People’s Democratic Republic
Fax: + 856 21 414009
Email: cabinet@mofa.gov.la

ラオス人民民主共和国大使館
〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目3-22
電話:03-5411-2291、03-5411-2292
特命全権大使:ケントン・ヌアンタシン 閣下

(アピール例)

Prime Minister Thongsing Thammavong
Prime Minister’s Office,
Lane Xang Avenue, Vientiane,
Lao People’s Democratic Republic
↑ここに宛先を記入

Dear Prime Minister,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my sincere concern about Sombath Somphone who is well known for his work promoting education and sustainable development in your country. He was taken away in a truck by unknown persons after being stopped by police in the Lao capital, Vientiane on 15 December 2012. Nobody has seen or heard from him since.

So I urge you to immediately establish a new, independent commission to undertake a thorough and impartial investigation into the enforced disappearance of Sombath Somphone, and ensure that all steps are taken to locate and return him safely to his family as soon as possible, in accordance with Laos’ obligations under international law.

I also would like you to ensure that this new commission seeks technical assistance for its investigations, including established experts to carry out a forensics analysis of the CCTV footage of the disappearance.

Lastly please frequently provide detailed information about the progress of the investigations to Sombath’s family, lawyers and others with a legitimate interest.

Thank you for your quick attention on his matter.

Best regards,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ