English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ: ガザで未成年の犯罪者が処刑

イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ:
ガザで未成年の犯罪者が処刑

最新情報:
2013年10月15日 (更新情報)
更新履歴:
2013年8月 9日
国名:
イスラエル/被占領パレスチナ地域/パレスチナ
対象者:
ハニ・アブ・アリアン、F.A.、A.Z.G. (すべて男性)
期限:
2013年11月22日
配信日:
2013年10月15日
UA No:
214/2013

拷問されて「自白」させられたという申し立てなど裁判の公平性に重大な懸念があったにもかかわらず、事実上の統治者であるハマスは10月2日、ガザ市内のジャワザット警察署構内でハニ・アブ・アリアンさんを処刑した。彼が犯したとされる犯罪の1件は、その発生当時、彼は18歳未満だった。A.Z.Gとしか分からない別の男性は、いつ処刑されてもおかしくない状況にある。

ハニ・アブ・アリアンさん(以前はH.M.Aと記した)は2012年、2件の殺人と児童の強かんの罪で死刑を宣告されていた。彼のケースを扱っていた弁護士の1人は、彼の絞首刑を「法的、道徳的、政治的、宗教的危機」だと形容し、「政府が多数の人びとを処刑、それも法に関わりなく行なう時、その国は腐っているということだ」と述べている。ハニ・アブ・アリアンさんは今年、ガザで処刑された3人目である。彼は28歳だった。

別のケースだが、大審院はアル=シャティ難民キャンプ出身のA.Z.G(35歳)に対して9月26日、殺人罪での死刑判決を支持した。彼が最初に死刑判決を受けたのは2010年2月、初審裁判所によるもので、2012年12月15日に上訴裁判所でその判決は支持された。

また別のケースであるが、F.A.という人物(23歳)の死刑判決に対する上告が、軍事高等裁判所で審理されているところである。F.A.は「敵に協力した」かどで、今年3月24日、ガザ市内の中央軍事裁判所で死刑判決を受けた。彼の弁護士がアムネスティ・インターナショナルに語ったところによると、F.A.は「自白」強要のために尋問中、腕と足首を吊るされ殴打されたと主張しているという。国際基準では、軍の司法権は死刑判決を科す権限を持ってはならないとしている。

もっと読む

追加情報

2010年5月、ハニ・アブ・アリアンさんはハンユニス初審裁判所で、2件について有罪判決を受けた。1件目で彼は2009年に友人を「過失致死」させたことにより終身刑の判決を受け、2件目で当時14歳だった2000年に6歳の子どもを殺人、強かんしたことで終身刑に14年を加算された。後者の犯罪についての彼の「自白」は、尋問中に殴打されたためのもので証拠能力がないと弁護士は主張したが、不服申し立ては却下された。検察はこれらの判決に抗告し、2012年9月、上訴裁判所は両件の殺人罪の量刑を重くし、終身刑から死刑にした。この判決は今年7月14日に大審院で支持された。パレスチナの法律では、加害者が18歳未満の場合の殺人は死刑とはならないことになっている。ハマスは今年、犯罪者たちを公開処刑することを示唆する声明を何度か出しているが、ハニ・アブ・アリアンさんの処刑は殺人被害者の近親者、宗教と政治の著名な指導者たちの立ち会いの中で行なわれた。処刑は一般に公開はされなかったもようである。

ハマスが事実上統治しているガザ地区で、死刑囚を含む人びとに対する拷問その他の虐待が広くまん延していることに、アムネスティ・インターナショナルは重大な懸念を抱き続けている。2012年、独立人権委員会(ICHR)は、ガザ地区内の治安局と警察による拷問の申し立てを134件、残酷で非人道的な処遇および身体的もしくは言葉による虐待の追加申し立てを多数受けたと述べている。

パレスチナ自治政府(PA)はガザ地区と西岸地区の一部の管轄権を持っており、それらは被占領パレスチナ地域(OPT)を構成し、すべてイスラエル軍の占領下にある。しかし、2006年の最後の議会選挙で勝利したハマスとファタハのパレスチナ党派間の紛争や緊張の結果、2007年6月からは、西岸地区はマフムード・アッバス大統領に指名されたパレスチナ自治政府の暫定政権が統治し、ガザはイスマイル・ハニヤ率いるハマスの事実上の政権が統治するという状況を生んだ。ハマスがガザを支配したことを受けて、パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス大統領はガザにおけるパレスチナ自治政府の治安部隊と司法制度の活動を停止したので、そこでは法的、制度的真空状態が生じることとなった。 ハマスは類似した法執行と司法の機構を創ることで対応した。これらの機構は適切な研修を受けた人材や、説明責任のメカニズム、保護措置などを欠いている。

パレスチナの法律の下では、すべての死刑は執行前にパレスチナ自治政府大統領のマフムード・アッバスの裁可が必要となっている。 しかし、事実上の統治者であるハマスは大統領の認可を得ずして2010年から死刑を執行してきた。ハマス内務省は、社会を守り、法と秩序を執行する義務があると述べて、死刑執行を正当化している。死刑判決の多くは軍事裁判所によって下され、それらは1979年のパレスチナ解放機構(PLO)革命法典に拠っているが、その手続き自体、公平な裁判のための国際基準を満たしていない。

地元の人権NGOによると、少なくとも42名の死刑囚がガザにいるという。2006年から2009年の間、ガザでは死刑の執行はなかったが、その後は、地元NGOによると、ガザの事実上の統治者であるハマスは少なくとも17名を処刑した。8名はイスラエル当局への「協力」に関連した罪で、もう9名は殺人罪だった。2005年にパレスチナ自治政府のアッバス大統領が就任してから、西岸地区では処刑は行なわれていない。

アムネスティは、犯罪容疑者たちを裁判にかけることが政府の権利と責任であることを認める。 しかし、死刑が他の刑罰よりも効果的な抑止力を持つという説得力のある証拠はどこにもなかった。アムネスティは、生命の権利および拷問その他残酷で非人道的、品位をおとしめる刑罰を受けない権利を侵害するものとして、すべての場合において死刑(きわめて残酷で非人道的、品位をおとしめる刑罰)に反対する。

アクションしてください。

アラビア語、英語、もしくは日本語で以下の内容のアピールを作り、ファックス(あるいはeメール)で、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • 少年の犯罪者に死刑を科すことはパレスチナの法律と国際法に違反していること、また自白強要の申し立てがあったにもかかわらず刑が科されたことを強調し、ハニ・アブ・アリアンさんの処刑を非難する。
  • ガザでA.Z.G.、F.A. ほか死刑判決を受けた人びとの処刑をしないよう、また死刑に相当する犯罪についての裁判については、国際的に認知された死刑適用に関するあらゆる基準に沿ったものであるよう当局に求める。
  • すべての死刑判決を即時減軽し、死刑執行を停止するよう当局に求める。
  • ハニ・アブ・アリアンとF.A.に対する拷問の申し立てがあったことに懸念を表明し、それについて迅速かつ独立的、中立的調査を実施するよう、また公平な裁判のための国際基準に合致した手続で責任者を裁くよう当局に要求する。

宛先
Minister of Interior and National Security
[Hamas administration in Gaza]
Fathi Hamad
Fax: + 972 8 288 1994 / 970 8 288 1994
ファクスはパレスチナ時間の午後2時(日本時間で午後9時)までに送信して下さい。
Email: info@moi.gov.ps
書き出し: Your Excellency

Attorney General
[Hamas administration in Gaza]
Isma’il Jaber
Fax: +972 8 288 6885
ファクスはパレスチナ時間の午後2時(日本時間で午後9時)までに送信して下さい。
Email: neiaba.gaza@gmail.commedia@gp.gov.ps
書き出し: Dear Attorney General

Prime Minister
[Hamas administration in Gaza]
Isma’il Abd al-Salam Ahmad Haniyeh
Fax: +972 8 264 1150
ファクスはパレスチナ時間の午後2時(日本時間で午後9時)までに送信して下さい。
書き出し: Your Excellency

*日本にはハマスの代表部ありませんので、コピーの送付は不要です。

アピール例文

Minister of Interior and National Security
Fathi Hamad
↑ここに宛先を記入

Your Excellency,
↑ここに書き出しを記入



I am writing to you to condemn the execution of Hani Abu Alian, emphasizing that sentencing juvenile offenders to death is a breach of Palestinian and international law and that his sentence was imposed despite allegations that his confession was forced.

I also urge you not to execute A.Z.G., F.A., or anyone else sentenced to death in Gaza, and to ensure that trials for capital crimes comply with all internationally recognized standards on the use of the death penalty.

I sincerely ask you to immediately commute all death sentences and to impose a moratorium on executions.

I would like to express my deep concern at the allegations of torture against Hani Abu Alian and F.A.

Lastly I respectfully request you to carry out prompt, independent and impartial investigations into the claims, bringing anyone found to be responsible to justice in proceedings which meet international standards for fair trial.

Thank you very much for your attention.

Respectfully yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ