English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. メキシコ: メキシコの警察が人権活動家を脅迫

メキシコ:
メキシコの警察が人権活動家を脅迫

最新情報:
2013年11月18日
国名:
メキシコ
対象者:
ブレンダ・ランヘル・オルティス(女性)、エクトル・ランヘル・オルティス (男性)
期限:
2013年12月17日
配信日:
2013年11月18日
UA No:
304/2013

重装備の警官隊が、2009年から兄(弟)が失踪しているメキシコ人女性の住居を包囲した。この女性と家族は、真実と正義を求めて運動しているが、「当局はこうした威嚇で兄(弟)のための行進を組織することを阻もうとしている」と彼女は考えている。

ブレンダ・ランヘル・オルティスさんによると、私服や目出し帽を着用しているものを含む、30人以上の重装備の警官が、11月1日午前10時頃、メキシコ中心部にあるケレタロ市の自宅前に現れた。警官隊は、ブレンダさんに銃を向けながら、「お前の家とピックアップトラックに銃があるとの匿名情報があった」と告げた。ブレンダさんは、警官隊が令状を所持していないため、立ち入りを拒否した。州と市の警察に所属する警官隊は、45分間彼女と言い争った後に立ち去った。

同日の後刻、およそ10人の市警察の警官が引き返し、2時間ブレンダさんの自宅前に詰めた。警官隊は詰める理由の説明は拒んだ。

11月10日で、ブレンダさんの兄(弟)エクトル・ランヘル・オルティスさんが、コアウイラ州モンクローバで強制失踪とみられる事態から4年を迎える。この事件には、モンクローバ市警察が関与している。ブレンダさん一家は、友人や支持者たちと共に、ケレタロ市内で静かな行進を行なっており、徹底した調査によりエクトルさんの所在を明らかにし、ケレタロ州で強制失踪を禁止する法律の制定することを求めている。11月1日に警察が取った行動は、自分たちが11月10日に行進することを阻むためだったと、ブレンダさん一家は考えている。

もっと読む

追加情報

エクトルさんは、2009年11月10日、コアウイラ州モンクローバ市内で、市の警官に呼び止められた後、他の2人と共に失踪した。3人は短期出張中だったが、その後彼らの姿は目撃されていない。捜査が行われなかったため、ブレンダさんと親族は、大きな個人的危険を冒して、自分たち独自で調査を行った。2013年6月以来、本件は連邦検事総長事務所の失踪者専門捜索部の手に委ねられている。今日までエクトルさんは行方不明となっているが、誰も裁判にかけられてはいない。

国際法では、強制失踪となるのは公務員が直接・間接に関わっている場合のみである。一方で、国際法は、容疑者が何人であるかに関係なく、当局にすべての失踪や拉致事件の捜査を行うことも求めている。当局側は、すべての拉致事件を組織犯罪集団の仕業と見なし、必要な基本捜査を行わないことが多い。結果的に、公務員が共謀したり、直接に関わった証拠が無視され、事件が強制失踪として捜査されることはほとんどない。

アクションしてください。

スペイン語、英語、日本語のいずれかで以下の内容のアピールを作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファックス(あるいはeメール)で、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • 11月1日に警察がブレンダさんの自宅前で取った行動に関して、徹底した調査の実施と責任者の追求をケレタロ州当局に求める。
  • ランヘルさん一家が友人や支持者たちと行進を行う場合には、常に表現と結社の自由の権利が保障されるように当局に求める。
  • エクトルさんの事件を含むあらゆる失踪や拉致事件について効果的な捜査を実施し、責任ある者を裁判にかけるよう、連邦検事総長事務所に求める。

宛先
ケレタロ州知事
Lic. José E. Calzada Rovirosa
Gobierno del Estado de Querétaro
5 de Mayo Esq. Luis Pasteur
Querétaro, C.P. 76000, Mexico
ファクス:+52 442 214 2929, +52 442 214 2929
E-メール: josecalzada@queretaro.gob.mx, poderejecutivo@queretaro.gob.mx
ツイッター: @ppcalzada
書き出し: Dear Governor / Estimado Señor Gobernador

連邦検事総長
Jesús Murillo Karam
Procuraduría General de la República
Paseo de la reforma 211-213
Col. Cuauhtémoc, C.P. 06500 Mexico City, Mexico
Mexico City, Mexico
ファクス:+52 442 214 2929, +52 55 5346 0908
E-メール: ofproc@pgr.gob.mx
書き出し: Dear Attorney General / Estimado Señor Procurador

コピーの宛先
FUUNDEC
Hidalgo Sur 166, Zona Centro
Saltillo, C.P. 2500, Coahuila, Mexico
E-メール: dhsaltillo.desapariciones@gmail.com

駐日メキシコ合衆国大使
〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目15-1
駐日メキシコ合衆国大使館
特命全権大使:クロード・ヘレル・ルーアサン 閣下
H.E. Mr. Claude Heller Rouassant

アピール例文(ケレタロ州知事宛の場合)

Queretaro State Governor
Lic. Jose E. Calzada Rovirosa
Gobierno del Estado de Queretaro
5 de Mayo Esq. Luis Pasteur
Queretaro, C.P. 76000, Mexico
↑ここに宛先を記入

Dear Governor,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern for Brenda Rangel Ortiz and Hector Rangel Ortiz.

On November 1, 2013, heavily-armed police officers surrounded the house of Brenda Rangel Ortiz, whose brother Hector Rangel Ortiz has been disappeared since 2009. She and her family are campaigning for truth and justice and believe this intimidation was intended to deter her from organizing a march in his name.

I call on you to carry out a full investigation into the police operation in front of Brenda Rangel’s home and for those responsible to be held to account.

I also call on you to ensure that the Rangel family and their friends and supporters can enjoy their right to freedom of expression and association whenever they organize a march.

At the same time, I urge you to see to it that the Federal Attorney General’s Office carry out an effective investigation into all cases of disappearances and abductions, including the case of Hector Rangel Ortiz, and bring those responsible to justice.

Thank you for your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ