English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 中国: 突然死の中国人活動家の家族、心配な安否

中国:
突然死の中国人活動家の家族、心配な安否

最新情報:
2013年11月15日
国名:
中国
対象者:
沈勇、沈亜明(以上男性)、沈阿宝、孔令珍(以上女性)
期限:
2013年12月18日
配信日:
2013年11月15日
UA No:
305/2013

上海の活動家陳情者沈勇さんは、警察の取り調べで殴打され死亡したと思われるが、その息子と母親が、沈勇さんの死後厳しい監視下におかれている。2人とも拷問や虐待の危険にさらされている。

沈勇さんの近所の人たちが、息子の沈亜明さんに、10月24日の朝7時頃警察が上海の仮の住まいから沈勇さんを連れ去ったと話した。沈勇さんは手錠をかけられ、警察は沈勇さんを殴打していたという。沈勇さんの母親の沈阿宝さんも同時に警察に連れ去られた。沈勇さんは警察での2時間の取調べ後、自宅に帰された。連行される前は健康だったが、家に戻ってきた時は危篤状態にあった。家族がすぐに緊急救助を要請したが、救急車が到着する前に沈勇さんは亡くなった。

沈亜明さんは警察が沈勇さんの遺体を持ち去ろうとするのを阻止しようとして、警察に拘禁された。その後沈亜明さんは釈放されたが、その後は厳しい監視下に置かれてきた。10月25日以降、誰も沈亜明さんに会うことができないままである。沈勇さんの母親の沈阿宝さんは後に釈放されたが、浦東新区にある別の家に送られ警察の厳しい監視下に置かれている。沈阿宝さんが、沈亜明さんと連絡をとれる状態にあるのか、あるいは面会できる状態にあるのかどうかは不明である。

10月24日、沈勇さんの友人で陳情者仲間でもある孔令珍さんが、警察が写真を撮るために勇さんの遺体を運び込んだ仁済医院に行った。孔令珍さんによると、沈勇さんの首の周りには沈勇さんが絞め殺された可能性を示唆するあざがあり、体中に多数の傷があったという。

10月28日、沈勇さんの死亡理由についての説明を求めるため、約600人の陳情者と活動家が浦東新区公安局の外に集まった。そのうちの約100人は短期間拘禁された。孔令珍さんは、自分が見た沈勇さんの遺体のあざについて地元の共産党事務所に報告しようとしたが、地面にたたきつけられて派出所に連行され、その後釈放された。

もっと読む

追加情報

沈勇さんと母親の沈阿宝さんが合法的に所有していた浦東新区の北蔡鎮にある家は、新開発の用地にするため2008年12月に上海市浦東新区人民政府により取り壊された。家が取り壊された後、沈勇さんとその家族はホームレスになった。沈勇さんは2008年以来、当局に賠償を求めてきた。今年の5月、沈勇さんと母親は、浦東新区の自分たちの家があった場所に政府と開発業者が新 たに建てた家屋に不法に住み始めた。 その家は、沈勇さんたちが家から出て行くよう圧力を加えるために、北蔡鎮地方政府が送り込んだと言われる人びとによって取り壊された。

中国では、適切な法的保護や補償を与えないまま、人びとを住居や農地から強制的に立ち退かせることは日常茶飯事となっており、著しい人権侵害を引き起こしている。多くの場合、突然かつ力ずくで立ち退かされ、時には死者も出す。立ち退くまで絶え間ない脅しや嫌がらせが組織的に行われることも多い。殴打されたり誘拐されたり、生きたまま埋められた人も少なくとも過去にいる。立ち退きにあった人びとに対する補償がほとんどない。あるいは代替住居の提供が不十分ということもよくある。陳情者とは、不正行為に対して政府に救済を求めている人びとである。住人が地方当局と開発業者の秘密裏の土地取引の犠牲になったり、住居から追い出されたり、どのような代替住居が提供されても、その住居の費用支払いを求められることがある。

中国全土で北京オリンピック以降にどれだけの住居や農地が強制的に奪われたか、信頼できる試算はないが、被害者数が増えているのはほぼ間違いない。ランデサ・ルーラル・ティベロプメント・インスティチュート(米国シアトル)が2011年に行ったある調査によると、1990年代以来中国の全ての農村の土地の43.1パーセントが没収されており、こうした事例の年間の発生件数は2007年以来着実に増加し続けているという。

アクションしてください。

英語、中国語、母語で、以下の内容のアピールを作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファックス(あるいはeメール)で、できるだけ早く送ってください。

  • 沈阿宝さんと沈亜明さんの移動の自由と表現の自由に対する全ての制限を解除することを当局に求める。
  • 沈阿宝さんと沈亜明さんが拷問やその他の虐待を受けないことを保証するよう当局に求める。
  • 沈阿宝さんが家族と面会できること、また必要な治療を受けられることを保証するよう当局に求める。
  • 沈勇さんの死因についての独立した公正な調査を命ずるよう当局に要請する。

宛先
Director of the Public Security Bureau of Pudong Sub-branch(公安局)
Lu Min Juzhang
655 Dingxianglu, Shanghaishi 200135
People’s Republic of China
Tel: +86 21 5061 4567 (Chinese only)
書き出し: Dear Director

Mayor of the Shanghai Municipal People’s Government(上海市長)
Yang Xiong Shizhang
200 Renmin Dadao, Hupuqu
Shanghaishi 200003
People’s Republic of China
Fax: +86 21 63216537
Email: shxwb3807@126.com or webmaster@shanghai.gov.cn
書き出し: Dear Mayor

コピーの宛先
駐日中国大使
〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目4-33
電話:03-3403-3388
特命全権大使:程 永華 閣下

アピール例文

Director of the Public Security Bureau of Pudong Sub-branch
Lu Min Juzhang
655 Dingxianglu, Shanghaishi 200135
People’s Republic of China
↑ここに宛先を記入

Dear Director;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my grave concern for Shen Abao and Shen Yaming, son and mother of a Shanghai petitioner, Shen Yong, who are under tight surveillance after Shen Yong’s death.

Therefore I am calling on you to lift all restrictions on Shen Abao’s and Shen Yaming’s freedom of movement and expression.

I would also like to ask you to ensure that Shen Abao and Shen Yaming are not subjected to torture or other ill-treatment.

I believe that Shen Abao should have access to her family and any medical attention she may require.

I lastly want to urge the Chinese authorities to release Guo Feixiong immediately and unconditionally.

Your attention on these matters would be highly appreciated.

Yours respectfully,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ