English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. エジプト: エジプトの活動家に拷問の危険

エジプト:
エジプトの活動家に拷問の危険

最新情報:
2013年12月10日
国名:
エジプト
対象者:
アラー・アブデル・ファターら被拘束者25人(男性)
期限:
2014年1月10日
配信日:
2013年12月10日
UA No:
322/2013

11月28日夕方、エジプト人の活動家として知られるアラー・アブデル・ファターが、11月26日にシューラ評議会の前で行われた平和的なデモに関連して、自宅から連行され、逮捕された。

逮捕後、彼はカイロとアレキサンドリアの間にある中央治安部隊キャンプに連れていかれた。そこは「キロ10.5」として知られる非公式の拘禁施設である。治安部隊は逮捕状もなく自宅を捜索し、アラーさんを殴打した。その際に寝室についた血痕の写真を、妻マナルさんはメディアに投稿した。彼女は、平手打ちされたことも書いた。自宅にあった携帯電話とパソコンは押収された。11月29日、検察官は取調べのためとして、アラーさんに4日間の拘禁を決めた。

11月27日の報道によれば、検察はアラーさんの逮捕状を出したが、その後、アラーさんは、11月30日の尋問に出頭すると法務当局に告げた。

11月26日のシューラ評議会前での平和的デモで逮捕された24人の良心の囚人に対して、11月28日早く、拘束を15日間延期する命令が出た。弁護士は、第一新カイロ警察署で被拘束者らが受けたと申し立てている拷問についての抗議手続きを取り下げた。彼らは、自分たちの処遇に抗議して、昨日ハンストを始めた。

もっと読む

追加情報

11月26日、治安部隊は多数の女性デモ参加者、ジャーナリスト、弁護士らを逮捕し、数時間後に起訴せずに釈放した。活動家らがアムネスティ・インターナショナルに語ったところによれば、治安部隊は11月27日午前1時頃にカイロ郊外の砂漠の路上に逮捕した女性たちを置き去りにしたとのことである。女性のデモ参加者たちはアムネスティに、第一新カイロ警察署所属の私服を来た治安部隊が彼女たちを警察の車から地面に引きずり下ろし、殴打し、髪の毛を引っ張ったと話した。何人かの女性はセクハラを受けたという。彼女たちは検察に苦情を申し立てることにした。

マンスール大統領が11月24日に署名した新しいデモ法は、デモに対処する広い権限が内務大臣に与えられている。この法律は、10人以上集まるすべての集会において、少なくとも3日前までに内務大臣に完全な計画書を提出することをデモの主催者に義務付けている。また、この法律ではデモを中止したり、道順を変更する権限が内務大臣に与えられており、事実上、大臣の事前許可がある場合しかデモをすることができないということである。また、「法に触れる犯罪」を犯したと見なされたデモ参加者に対しては、誰でも過度な力を行使するという法的枠組を治安部隊に与えている。法に反したとして有罪になったデモ参加者らは、最高5年の禁固刑と10万エジプトポンド(14,513米ドル)の罰金が科せられる。

一連の逮捕後、エジプト首相は、法を修正する権限があるかわからないが、委員会が法を見直すだろうと発表した。

アクションしてください。

アラビア語、英語、もしくは日本語で以下の内容のアピールを作り、ファックス(あるいはeメール)で、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください

  • 25人の被拘束者を即時無条件に釈放するよう、エジプト当局に要請する。彼らは集会の自由と表現の自由の権利を平和的に行使しただけで捕えられているからである。
  • 釈放するまでの間、彼らが弁護士、家族と面会でき、必要な医療援助を受けられるよう、要請する。
  • 被収容者らが逮捕の際と拘禁中に暴力やセクハラを受けたという報告について独立公正な調査を行い、彼ら全員がさらなる拷問などの虐待から保護されるよう要請する。

宛先
Public Prosecutor(検察官)
Hesham Mohamed Zaki Barakat
Office of the Public Prosecutor
Supreme Court House, 1 “26 July” Road
Cairo, Arab Republic of Egypt
ファックス:+202 2 577 4716(時間外はつながりません)
書き出し Dear Counsellor

Interim President(暫定大統領)
Adly Mahmoud Mansour
Office of the President
Al Ittihadia Palace
Cairo, Arab Republic of Egypt
ファックス:+202 2 391 1441
書き出し Your Excellency

コピー宛先
エジプト・アラブ共和国大使館
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1丁目5-4
特命全権大使 ヒシャーム・エルズィメーティ閣下

例文

Hesham Mohamed Zaki Barakat
Office of the Public Prosecutor
Supreme Court House, 1 “26 July” Road
Cairo, Arab Republic of Egypt
↑ここに宛先を記入

Dear Counsellor,
↑ここに書き出しを記入

I am writing to call on the Egyptian authorities to release the 25 detainees immediately and unconditionally as they are held solely for peacefully exercising their right to freedom of assembly and expression.

I call on you to pend their release, urge you to give the detainees access to their legal representatives, families and any medical assistance they may require.

Lastly, I call on you to conduct indepedent and impartial investigations into reports that detainees were beaten and sexually harrassed upon arrest and while in custody, and to ensure that all detainees are protected from any further torture and other ill-treatment.

Respectfully yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ