English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. バーレーン: バーレーンの良心の囚人 刑務所で殴打を受ける

バーレーン:
バーレーンの良心の囚人 刑務所で殴打を受ける

最新情報:
2015年5月20日
国名:
バーレーン
対象者:
アマド・ムシャイマ(男性)
期限:
2015年6月23日
配信日:
2015年5月20日
UA No:
005/2014

良心の囚人であるアマド・ムシャイマさんは、3月10日の囚人ストライキ後と5月初めに刑務所内で暴行を受けた。今後、拷問などのさらなる虐待を受ける危険性があるだろう。

ムシャイマさんは、バーレーン王を侮辱する内容の詩を読んだことを理由に2014年12月、刑1年の判決を受けた。この3月10日にジョー刑務所で勃発した囚人ストライキ後、家族との面会が制限され、5月5日、ようやく面会が許可された。面会の際、ムシャイマさんは、以下の虐待の事実を家族に報告した。「2日前に横柄な刑務官がいる時はトイレに行かない方がいいと、他囚人に助言したために、目隠しをされた上で背中や膝を殴打された。また、3月10日の囚人ストライキ後には、囚人らとともに殴打され、3日間、トイレに行くことを禁じられた。さらに、囚人ストライキ後、彼らは、刑務所の中庭にテントを張り、寝ている。片方の耳の難聴や全身の痛みがある」と。

4月21日、アムネスティ・インターナショナルは、バーレーンの内務省のオンブズマンに、ムシャイマさんが家族との面会を制限されていることへの懸念と、その体調について照会する文書を出した。また、刑務所で拷問などの虐待が行われているという報告を受けたことに懸念を示し、申し立てに対するオンブズマンの対応状況を質したが、いまだ回答は得られていない。

もっと読む

追加情報

バーレーン騒乱初日の第2回記念日である2013年2月14日に抗議活動が起きた。その後、2013年12月28日、ムシャイマさんは、反政府集会に参加したことを理由に逮捕された。アマド・ムシャイマさんは嫌疑を否認したが、2014年3月13日、マナーナの地方裁判所にて審理が開始され、継続している。2014年6月25日、アマド・ムシャイマさんは一度保釈されたが、11月13日、バーレーン国王を侮辱したという新たな容疑で再逮捕された。アマド・ムシャイマさんは、宗教儀式の間、ただ詩を読んでいただけだった。2014年12月、アマド・ムシャイマさんは刑1年を科され、今年2月に上告した。バーレーンの法律によると、公共の場での国王侮辱罪は、最大7年の刑を受ける。

ムシャイマさんは、逮捕後の取り調べの際に拷問を受けたと家族に伝えた。具体的には、殴る蹴るの暴行、父親や親族への侮辱の強要、告発文へのサインの強制である。3月10日の囚人ストライキ後、刑務所では拷問などの虐待や家族との面会制限が報告された。また、囚人らは、刑務所の中庭でテントを張り寝るよう強いられているとの報告もある。

アクションしてください。

アラビア語あるいは英語で以下の内容のアピール文を作り、ファックス、eメール、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール文は後に続きます。それをご利用ください。

  • アマド・ムシャイマさんが、拷問などのさらなる虐待に決して脅かされないようにすること。また、刑務所での虐待に関する調査の実施を当局に要請する。
  • 表現の自由の権利を行使したために収容された、良心の囚人であるアマド・ムシャイマさんを、即時かつ無条件に解放することを当局に要請する。
  • ジョー刑務所での拷問などの虐待を受けたという申し立てに対してオンブズマンが行ったとされる調査の結果を公表することを当局に要請する。

宛先
King(国王)
Shaikh Hamad bin ‘Issa Al Khalifa
Office of His Majesty the King
P.O. Box 555
Rifa’a Palace, al-Manama, Bahrain
Fax: +973 1766 4587 (keep trying)
書き出し: Your Majesty

Minister of Interior(内務大臣)
Shaikh Rashid bin ‘Abdullah Al Khalifa
Ministry of Interior
P.O. Box 13, al-Manama, Bahrain
Fax: +973 1723 2661
Email: info@interior.gov.bh
書き出し: Your Excellency

アピール例文

King
Shaikh Hamad bin ‘Issa Al Khalifa
Office of His Majesty the King
P.O. Box 555
Rifa’a Palace, al-Manama, Bahrain
↑ここに宛先を記入

Your Majesty;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on prisoner of conscience Ahmad Mshaima who has told his family he was beaten following a prison strike on 10 March and again in the first week of May. He may be at risk of further torture and other ill-treatment. Ahmad Mshaima’ is serving a one-year prison sentence handed down in December 2014 for reading a poem considered offensive to the King of Bahrain.

I would like to urge the authorities to ensure Ahmad Mshaima’ is not subjected to further torture or other ill-treatment and to launch an investigation into his allegations.

He should be released immediately and unconditionally, as he is a prisoner of conscience, jailed solely for his legitimate exercise of his right to freedom of expression.

The authorities are also urged to publish the results of an investigation said to have been launched by the Ombudsman of the Ministry of Interior into the allegations of torture and other ill-treatment of prisoners in Jaw Prison.

Your attention and action on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ