English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イラン: イラン 獄中の女性人権活動家 失明の危機

イラン:
イラン 獄中の女性人権活動家 失明の危機

最新情報:
2016年10月26日
国名:
イラン
対象者:
ゼイナブ・ハラリアン(女性)
期限:
2016年11月30日
配信日:
2016年10月26日
UA No:
151/2014

イランのクルド人女性、ゼイナブ・ハラリアンさん(34才)は、極めて不公平な裁判で終身刑に服しているが、獄中で視力を失う危険状態にある。病状が悪化しているにもかかわらず、当局は、手術や治療を認めていない。

当局は、眼の手術ができる病院への転院を認めず、目薬だけを与えている。また、治療のための仮釈放の要望も何度も拒んでいる。弁護士によれば、その他の要望もけんもほろろに拒否されるか、本人がカメラの前で自白する条件で受け入れるということもあった。自白を強要するために治療を受けさせず、激しい痛みや苦しみを与えることは、国際法のもとでは拷問とみなされる。

ハラリアンさんは、現在、イランの北西部で終身刑に服している。2008年3月、クルド人民族自決を支持する社会的、政治的活動で、また、クルディスタン自由生活党(PJAK、ペジャーク)の政治部門と関係があるとして、逮捕された。その後8カ月間、独房にいれられ、その時に情報省の役人に暴行されたという。その後、「神への敵意」と「国家に対する武装」の罪で、死刑を言い渡された。数分で閉廷した裁判は不公正で、ハラリアンさんとPJAKの武装活動を結びつける証拠は全くなかった。死刑判決は、後に終身刑に減刑された。4月、国連の恣意的拘禁に関する作業部会は、イラン当局に対し、ハラリアンさんを即時釈放すること、また、法的強制力のある損害賠償の請求権を与えることを求める意見を発表した。

もっと読む

補足情報

ハラリアンさんは、2000年にイランからイラクのクルド人居住地域に移ってから、社会的、政治的活動に携わるようになった。PJAKの政治部門と関わる社会的、政治的なネットワークで活動していて、様々な活動の中でも、特にイランの少数民族クルド人女性の社会的地位向上を目指した活動に力を入れていた。活動でしばしばイランを訪れ、2008年3月の逮捕時には、同国のクルディスターン州を移動中だった。

アクションしてください。

英語またはペルシャ語、アラビア語のいずれかで当局に以下の要請事項を盛り込んだアピール文を作り、ファックスまたはメールで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 必要な手術と継続的な治療が受けられるようにする。また、今後虐待はいっさいしないこと。
  • 国連の要請を実行し、即時釈放と強制力のある補償を行う。
  • 彼女が受けたという虐待を第三者が徹底捜査し、暴行を加えた者を司法にゆだねること。

宛先
住所は、いずれも駐日イラン大使館気付けにしてください。
イラン・イスラム共和国大使館
〒106-0047東京都港区南麻布3丁目13-9

Head of the Judiciary(司法省)
Ayatollah Sadegh Larijani
書き出し Your Excellency

Prosecutor General of Khoy(検察)
Hojatoleslam Alizadeh
書き出し: Your Excellency

コピー宛先
President (大統領)
Hassan Rouhani

アピール例文

Ayatollah Sadegh Larijani
Head of the Judiciary
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on Iranian Kurdish woman Zeynab Jalalian who is serving a life sentence imposed after a grossly unfair trial. She is at risk of losing her eyesight in prison. The authorities have continued to deny her the specialized medical treatment she needs for a worsening eye condition, including urgent surgery.

I would like to urge the Iranian authorities to immediately provide Zeynab Jalalian with the specialized medical care she needs outside prison, including eye surgery, and protect her from further torture and other ill-treatment, including through the denial of adequate medical care.

They should implement the opinion of the UN Working Group on Arbitrary Detention, which calls for Zeynab Jalalian to be released immediately and accorded an enforceable right to compensation.

They are sincerely asked to order a prompt, independent and impartial investigation into her allegations of torture and other ill-treatment, bringing to justice anyone found responsible, including those with superior responsibility, in fair trials and without recourse to the death penalty.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ