English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ホンジュラス: ホンジュラス アフリカ系コミュニティ住民の危機

ホンジュラス:
ホンジュラス アフリカ系コミュニティ住民の危機

最新情報:
2014年8月 6日
国名:
ホンジュラス
対象者:
ガリフナコミュニティ住民(男女)
期限:
2014年9月 2日
配信日:
2014年8月 6日
UA No:
185/2014

ホンジュラス東北部で、武装した男たちが人権活動家ミリアム・ミランダさんらアフリカ系ガリフナコミュニティ住民を一時的に拉致した。ミランダさんたちが、地区で麻薬密輸業者が利用する違法な滑走路を発見したためだった。ミリアムさんとガリフナコミュニティ住民の安全が脅かされている。

7月17日早朝、人権活動家ミランダさんら数名のガリフナコミュニティの住民がコロン県バレチトのガリフナ地区内の奥地を訪れていたところ、武装した男4人に拉致された。以前同地を訪れたとき、軍が2014年今年1月に破壊した麻薬密輸業者の違法滑走路が再建されているのを発見していた。「男らは、自分たちの身体を調べ、携帯を取り上げ、殺すぞと脅した」とミランダさんはアムネスティに語った。

住民は4時間後に解放された。ミランダさんはガリフナコミュニティの権利の獲得・保護を進める組織の統括コーディネーターである。米州人権委員会は2011年に、彼女の人権関連の仕事に対する脅迫やいやがらせから彼女を保護する予防措置をとりきめたが、適切に実施されてこなかった。

アクションしてください。

英語、スペイン語あるいは日本語で、以下の内容のアピールを作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファックス(あるいはeメール)で、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • 7月17日の誘拐を独自に調査し、結果を公表して関与した者を法で裁くよう当局に要請する。
  • ミリアム・ミランダさんに米州人権委員会が定めた予防措置を完全に実施し、彼女と家族、ガリフナコミュニティ住民を、適切に保護するよう当局に要請する。
  • 1998年に国連が人権運動家に関して宣言したように、当局は人権活動家が暴力や脅迫を受けることなく仕事ができるように保障する義務があることを再確認させる。

宛先
Minister of Interior(内務大臣)
Sr. Arturo Corrales
Secretaria de Estado en el Despacho de ́ Seguridad
Aldea el Ocotal, Antiguo Local de la Academia Nacional de Policía ANAPO
Tegucigalpa, Honduras
Email: comunicacionCNDS@gmail.com
書き出し: Dear Minister of Interior / Señor Ministro del Interior

Attorney General(法務長官)
Sr. Oscar Chinchilla Banegas
Ministerio Público, Lomas del Guijarro
Avenida República Dominicana
Edificio Lomas Plaza II
Tegucigalpa, Honduras
Fax: +504 2221 5667
書き出し: Dear Attorney General / Señor Fiscal General

コピーの宛先
Organización Fraternal Negra Hondureña – OFRANEH(ホンジュラスブラック友愛機構)
Apartado Postal 341, La Ceiba, Atlántida
Honduras
Fax: +504 25521513 / +504 24490003
Email: ofraneh@yahoo.com / garifuna@ofraneh.org

ホンジョラス共和国大使館
〒106-0031 東京都港区西麻布4丁目12-24
第38興和ビルディング8階802号室
特命全権大使マルレーネ・ビジェラ・デ・タルボット閣下

アピール例文

Minister of Interior(内務大臣)
Sr. Arturo Corrales
Secretaria de Estado en el Despacho de ́ Seguridad
Aldea el Ocotal, Antiguo Local de la Academia Nacional de Policía ANAPO
Tegucigalpa, Honduras
↑ここに宛先を記入

Dear Minister of Interior;
↑ここに書き出しを記入

I am writing you to express my grave concern on members of an Afro-descendant Garífuna community in north-eastern Honduras, including human rights defender Miriam Miranda. They were temporarily abducted by armed men after discovering an illegal runway used by drug traffickers on the Garífuna community’s territory. The safety of Miriam and the Garífuna community remains at risk.

I am therefore calling on you and your authorities to carry out an immediate and independent investigation into the abduction on 17 July, to make the results public and bring those found responsible to justice.

I am also urging you and your authorities to fully implement the Inter-American Commission on Human Rights precautionary measures in favour of Miriam Miranda and to provide effective protection to her, her family and all members of the Garífuna community in accordance with their wishes.

Lastly I need to remind you of your duty to guarantee that human rights defenders can carry out their work without fear of violence and threats, as established in the 1998 UN Declaration on Human Rights Defenders.

I would highly appreciate your attention and action on the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ