最新情報:
2014年10月28日
国名:
パキスタン
対象者:
アーシア・ビビ(女性)
期限:
2014年12月 5日
配信日:
2014年10月28日
UA No:
266/2014

パキスタンのラホール高等裁判所は10月16日、冒涜罪で死刑判決を受けていたキリスト教徒の女性、アーシア・ビビさん(45歳)の控訴を却下した。

ビビさんはイスラム教徒の女性と口論した際、預言者ムハンマドを侮辱したとして2010年11月8日、パキスタン刑法にもとづいて死刑判決を受けた。公正な裁判であったのか、大きな懸念がある。

ビビさんは、ムハンマドを冒涜したとの申し立てはねつ造されたものであることおよび拘束中や審理中に弁護士と話ができなかったと、主張している。弁護士は、この事件は風評に基づいていると主張してきた。複数の人権活動家は、裁判官らは自分たちの身の危険を恐れて控訴を却下したとの懸念を口にしている。ビビさんの処刑を求めるいくつかの宗教団体が法廷にいたのである。

ビビさんは、2009年に最初に逮捕されて以来、本人の身を守るため、ほぼ完全に隔離されてきた。そのため、精神的にも肉体的にも健康は損なわれたという。一方、家族と弁護団は今なおビビさんの身の安全を心配している。なぜなら、2010年12月、著名なイスラム教の聖職者が、ビビさんを殺害すれば50万パキスタンルピー(約50万円)の賞金を約束していたからだ。

法律はしばしば、個人的な議論の決着の道具となり、冒涜罪に問われる者は、しばしば暴力の標的となる。非イスラム系宗教社会の多くの関係者が冒涜の申し立てを受け、一般の市民に暴力を受け殺害されてきた。拘束されている間でさえも。

ビビさんには罰を受ける理由がまったくない。冒涜法は、表現の自由と思想の自由の権利を保障するパキスタンの国際人権義務と矛盾するからである。

もっと読む

追加情報

農場で働くビビさんは2009年6月、冒涜の申し立てを受けて逮捕された。

家族や弁護団によると、イスラム教徒の同僚数人が、ビビさんがキリスト教徒だという理由で水を分けあうことを拒否した。そのため口論になり、その同僚たちが地元の聖職者に、「ビビさんが預言者ムハンマドの悪口を言った」と告げ口をした。そして、その聖職者が警察に通報し、警察は神への冒涜罪でビビさんを逮捕し起訴した。

ビビさんは容疑を否認し、夫は「容疑は濡れ衣だ」と主張してきた。しかし、裁判官らは冤罪の可能性を完全に排除し「軽減事由もない」として、死刑判決を下した。

ビビさんは、パキスタンの冒涜法の不当性とその批判が死につながる危険性があることを示す象徴となった。

2011年1月4日、パンジャブ州知事が、ビビさんの支援活動をして冒涜法を批判したため、自らの警護官に殺害された。2011年3月2日には、冒涜法に対して率直に批判的発言をしていた少数民族省大臣が、タリバンに殺害された。

冒涜法は宗教的動機にもとづく暴力の風潮を助長し、その結果、宗教的少数派もイスラム教徒も同じようにその標的になる。

アクションしてください。

英語、ウルドゥー語、もしくは日本語でアピール文を作り、ファックス、Eメール、航空書簡のいずれかで、できるだけ早く送ってください。以下の文面と英文サンプルをご利用ください。

  • アーシア・ビビさんの即時かつ無条件の釈放を求める。本人や家族の身の安全を確保する効果的な措置を求める。
  • 至急、冒涜法を改正し、最終的には撤廃を視野に入れ、その乱用に効果的な歯止めをかけるよう、求める。
  • すべての死刑を即時執行停止し、死刑の廃止を視野に入れ、死刑判決を減刑する。死刑は生きる権利の侵害であり、残虐、非人道的あるいは品位を傷つける究極の刑罰であることを強調する。

宛先
Prime Minister (首相)
Nawaz Sharif
Prime Minister House, Pakistan
Secretariat, Constitution Avenue
Islamabad, Pakistan
Fax: +92 51 9220404
Email: pmmediaoffice@gmail.com
書き出し: Dear Prime Minister

Chief Minister, Punjab Province(パンジャブ州知事)
Mian Mohammad Shahbaz Sharif
Chief Minister’s Office
7, Club Road, GOR I
Lahore, Pakistan
Fax: +92 42 99204301
Twitter: @CMShehbaz
書き出し: Dear Chief Minister

コピーのあて先
駐日パキスタン大使
〒106-0047 東京都港区南麻布4-6-17
特命全権大使:ファルク・アーミル 閣下

アピール例文

Prime Minister
Nawaz Sharif
Prime Minister House,
Pakistan Secretariat,
Constitution Avenue,
Islamabad, Pakistan
↑ここに宛先を記入

Dear Prime Minister;
↑ここに書き出しを記入

I was writing to express my grave concern on Christian Asia Bibi who was sentenced to death for blasphemy in 2010 and has had her appeal rejected by the Lahore High Court of Appeal on 16 October.

I would like to call on you and the other authorities to release Asia Bibi immediately and unconditionally, and take effective steps to guarantee her safety and that of her family.

I would also urge you an the authorities to reform the blasphemy laws as a matter of urgency and to provide effective safeguards against their abuse, with a view to eventual repeal of the laws/

Lastly I need to call on you to establish an immediate moratorium on all executions and commute all death sentences with a view to abolishing the death penalty, emphasizing that the death penalty is a violation of the right to life and the ultimate cruel, inhuman and degrading punishment.

Your attention would be highly appreciated.

Yours respectfully,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入