最新情報:
2015年10月 5日
国名:
ミャンマー(ビルマ)
対象者:
労働活動家と労働組合リーダーら4人(全員男性)
期限:
2015年11月10日
配信日:
2015年10月 5日
UA No:
211/2015

ストライキ中の縫製工場の労働者に、労働者の権利について助言をしたとして、2人の労働活動家が現在公判中である。別の労働組合のリーダー2人は、ストライキ中の労働者を指導し、支援したとして、すでに2年と6か月の刑を受けている。4人とも良心の囚人であり、即時、無条件に釈放されなければならない。

学生のナインゾーチーウィンさんとその弟トゥーゾーチーウィンさんは、ストライキ中の縫製工場の労働者に、労働者としての権利について助言など、支援をしていたところ、拘禁された。ヤンゴンのシュエピーター工業地帯の工場から来た労働者たちは、2月2日からストライキに入り、賃上げを求めて抗議のキャンプやデモを組織していた。2月24日、ナインゾーチーウィンさんは、1人の工場労働者の自宅にいるところを私服警官に逮捕された。3月4日、トゥーゾーチーウィンさんは、ヤンゴン市庁舎のとなりにあるスーレーパゴダに抗議場所を移そうとしていたストライキの労働者と行動を共にしていたときに逮捕された。2人は、現在ヤンキン区裁判所で、国家や公衆の秩序に反する暴行行為を煽ったかどで刑法505条(b)に基づいて公判中であり、有罪判決が間もなく出るだろうと予想されている。

組合のリーダーで工場労働者のミョーミンミンさんとナインテールウィンさんは2月20日、労働者側の要求を報道陣に説明した後、逮捕された。彼らは、刑法505条(b)と平和的集会と行進に関する法律の第18項(許可のない抗議活動)と第19項(抗議活動をする許可条件違反)に基づいて、2年と6カ月の刑の判決を受けた。4人は全員現在ヤンゴンにあるインセイン刑務所に収監されている。

11月8日にビルマでは総選挙が行われる。テインセイン大統領に囚人の恩赦を発表し、全ての良心の囚人を釈放することを要求するには重要な機会となる。

もっと読む

追加情報

トゥーゾーチーウィンさんは、その前に平和的な抗議活動で有罪判決を受けている。6月3日、現在受けている罪状でインセイン刑務所で収監されている一方で、シュエピーター区裁判所は、知人の活動家の公判に反対する抗議活動を許可なしに行ったとして、彼に1カ月の刑の判決を出した。

世界人権宣言の第19条、第20条で明記されている、表現や平和的集会の自由の権利を平和的に行使しただけでビルマの人権活動家は逮捕され、拘禁されている。ビルマの法律の一部が、表現や平和的な集会の自由を犯罪化するのに使われている。例えば、刑法第505条(b)や平和的集会や行進に関する法律がそうである。

刑法第505条(b)は、国家や公衆の秩序に反した暴力行為をするように人々を煽動した人に対し、上限2年までの刑を科すことができる。平和的な集会や行進に関する法律は、デモに許可が必要で、国の治安に脅威となるデモの許可を政府が取り下げることを可能にしている。第18条により、許可のない抗議活動をすると、最長2年の刑を科すことが、第19条により、抗議活動の許可をする代わりに守るよう求められる条件を破ると最長3カ月の刑を科すことができる。これらの法律は表現の自由を制限するのに都合よく、非常に幅広く、あいまいに解釈できる内容になっているため、行きすぎた、あるいは差別的な形で利用されることになる。

アムネスティはビルマの刑務所の環境が劣悪であり、囚人の待遇についての国際的最低基準を満たしていないという報告を何度も受けている。これには適切な医療措置や飲料水、食事、入浴用の水の供給がされていないことも含まれる。

アクションしてください。

ビルマ語または英語で以下の事柄を要請するアピール文を作り、eメール、ファックス、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • ナインゾーチーウィンさん、トゥーゾーチーウィンさん、ミョーミンミンさん、ナインテールウィンさんを即時・無条件に釈放し、彼らに対する起訴を取り下げることを政府に要求する
  • 釈放されるまで、ナインゾーチーウィンさん、トゥーゾーチーウィンさん、ミョーミンミンさん、ナインテールウィンさんが拷問やその他の虐待を受けたり、遠く離れた刑務所に移されたりすることなく、引き続き家族や弁護士と連絡が取れるようにし、必要な医療措置を受けられることを確約することを政府に要求する
  • 国際人権法の基準を遵守するように、表現や集会の自由を制限する全ての法律を廃止、もしくは改正することを政府に要求する

宛先
President(大統領)
Thein Sein
President’s Office
Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: +95 1 652 624
書き出し: Your Excellency

Minister of Home Affairs
Lt Gen. Ko Ko
Ministry of Home Affairs
Office No. 10
Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: +95 67 412 439
書き出し: Dear Minister

コピー宛先
在日ミャンマー連邦大使館
〒140-0001
東京都品川区北品川4丁目8-26
特命全権大使 キン・マウン・ティン閣下

アピール例文

President Thein Sein
President’s Office
Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to you to express my grave concern on two labour activists and two union leaders. The activists are currently on trial for providing striking garment workers in Myanmar advice on their rights. Two union leaders have already been sentenced to two years and six months in prison for their role in leading and supporting the workers.

I am therefore calling for the immediate and unconditional release of Naing Zaw Kyi Win, Thu Zaw Kyi Win, Myo Min Min and Naing Htay Lwin, and drop all charges still pending against them.

I am also urging the authorities to ensure that pending their release, Naing Zaw Kyi Win, Thu Zaw Kyi Win, Myo Min Min and Naing Htay Lwin are not tortured or otherwise ill-treated; not transferred to a remote prison, have regular access to family members and lawyers and are provided with any medical treatment that they may require.

Lastly I am calling on them to repeal or else amend all laws which unlawfully restrict the rights to freedom of expression and peaceful assembly, and to comply with international human rights law and standards.

Your attention on his matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入