English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ミャンマー(ビルマ): 数千人に強制立ち退きの怖れ

ミャンマー(ビルマ):
数千人に強制立ち退きの怖れ

最新情報:
2015年5月13日
国名:
ミャンマー(ビルマ)
対象者:
ドーキンウィン(女性)、強制退去を迫られている村人(男女)
期限:
2015年6月16日
配信日:
2015年5月13日
UA No:
098/2015

中央ビルマ(ミャンマー)のレパダウン銅山の開発に関連して、何千もの人々が自宅や自分の農地から強制的に立ち退きを迫られる危機に瀕している。

3月24日、ザガイン地域のレパダウン銅山開発計画に対する環境的、社会的影響について、問題ないとの評価を受けたと大統領側から発表された。そのため、開発に必要な土地を確保するための計画をミャンマー万宝が再開し、土地を離れることを拒絶している196世帯の家族と、同社がまだ確保をしていない土地の所有者である何千もの村民を強制的に追い出すことになるだろう。

ミャンマー万宝は中国企業の万宝鉱山社の子会社である。レパダウン銅山開発計画には6785エーカーの土地の確保が必須で、その土地のほとんどは30の村落にある農地である。また、ズィードー村、セーディー村、カンドー村、ウェッメー村においては、村全体を完全に明け渡すことになる。

2011年から2014年の間、ビルマ政府とミャンマー万宝は、真摯な態度での対話や、移転過程や法的救済措置の可能性などの説明、立ち退き後に住む場所やその補償の提供などを十分せずに、人々を強制的に追い出した。ミャンマー万宝は計画のためにおよそ半分を越える土地を30の村落から確保しており、4つの村落の245世帯が移住先にすでに移動した。196世帯は移動を拒否しており、その他の村落の人々も自分たちの農地を手放すことを拒んでいる。こうした人々は現在強制立ち退きの危機に瀕している。

昨年の12月22日にミャンマー万宝は開発地域を拡大すると公表したあと、セーディー村近くで農地を整地し、さらに多くの農地をフェンスで囲いこみはじめた。しかし、ブルドーザーを止めようとした地元の人々と衝突が起きているときに、警察が火器や実弾を使用したことについて広範囲で抗議活動が行われ、囲いこみは開始から2日後に一旦解除された。警察は農業従事者の女性ドーキンウィンさんを殺害し、そのほか数人を負傷させた。大きくなりつつある地元の人々の懸念を解消することなしにさらに農地を囲い込もうとすることは、いかなる形でも、警察と地元の人々の衝突をさらに悪化させる結果になる可能性がある。

アクションしてください。

ビルマ語または英語で以下の事柄を要請するアピール文を作り、eメール、ファックス、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • レパダウン銅山開発でさらに土地を確保するための計画を中断し、今回の開発で影響を受ける人々全員と、立ち退き、移住先の状態、補償について真摯に対話をすることを、ミャンマー万宝に要求する
  • 移住先の村落の状態が国際基準に沿ったものであり、移住を強いられる人々が十分な補償がされるように同社に要求する
  • 警察の武力の使用は国際基準に沿うという前提で、警察の利用を開発作業の護衛のみとするとした約束を順守することを同社に要求する

宛先
Chairman and Managing Director Myanmar Wanbao Mining Copper Ltd(ミャンマー万宝社長)
Mr Geng Yi
70 (1) Bo Chein Street Pyay Road, Hlaing Township, Yangon
Republic of the Union of Myanmar
Email: gengyi@wbmining.com
書き出し: Dear Mr Geng Yi

President of Wanbao Mining Ltd(万宝鉱山社社長)
Mr Chen Defang
17-19F, West Wing, No.1 Cai Yuan St.
Xi Cheng District, Beijing
Peoples Republic of China
書き出し: Dear Mr Chen Defang

コピー宛先
在日ミャンマー連邦大使館
〒140-0001
東京都品川区北品川4丁目8-26
特命全権大使 キン・マウン・ティン閣下

アピール例文

Chairman and Managing Director Myanmar Wanbao Mining Copper Ltd
Mr Geng Yi
70 (1) Bo Chein Street Pyay Road, Hlaing Township, Yangon
Republic of the Union of Myanmar
↑ここに宛先を記入

Dear Mr Geng Yi;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to you to express my grave concern on thousands of people who are at risk of being forcibly evicted from their homes and farms to make way for the Letpadaung copper mine in central Myanmar.

I am therefore calling on the mining company Myanmar Wanbao to halt any plans to take over the remaining land for the Letpadaung mine and carry out a genuine consultation with all affected persons on the evictions, resettlement conditions and compensation;

I am also urging the company to ensure that conditions in resettlement villages comply with international standards on adequacy of housing and that people who have been forcibly evicted from their homes and farm lands receive adequate reparation;

I last am urging the company to comply with its commitment that it will only use the police to protect its operations when the police guarantee that they will comply with international standards and guidelines on use of force.

Your consideration above would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ