English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ブラジル: ブラジル 法改正反対の教師らが捜査対象に

ブラジル:
ブラジル 法改正反対の教師らが捜査対象に

最新情報:
2015年5月18日
国名:
ブラジル
対象者:
デモで拘束されていた講師ら(男女)
期限:
2015年6月23日
配信日:
2015年5月18日
UA No:
104/2015

ブラジル南部パラナ州での教師の抗議デモと警察による弾圧を受け、公安局局長をはじめとした多数の高官が更迭された。市民の公的弁護を担当する局はアムネスティ・インターナショナルに、抗議行動中に拘束された人は全員釈放されたが、すべて犯罪捜査の対象となると告げた。

4月29日、公立学校の多数の教師を含む約2万人が、パラナ州都クリチバ市の州議会前で、公務員の社会保障と退職に関する法の改正に反対するため集まった。教師らは4月25日からストをしており、州議会前には改正州法の議決が予定されていた28日から集まっていた。翌日の午後4時頃、その場にいた軍警察(機動隊を含む)が抗議集会を解散させる指示を受け、デモ参加者を催涙ガス、ゴム弾、警棒などで激しく弾圧した。

5月8日、公安局局長が更迭された。これは前述の事件でパラナ州政府が窮地に陥った結果である。そのほかにも、この数日間に政府高官の交代があった。5月7日には、パラナ州軍警察総司令官が辞任し、その公的理由は「公安局局長との関係悪化が修正不可能な域に達したため」となっている。また、州の教育大臣も交代になった。

5月12日の公的弁護局の説明によると、4月29日の抗議行動の際14人が拘束され、そのうち12人は成人で2人は18才以下であった。また、拘束された人々は既に全員釈放されているが、抵抗、侮辱、業務・平穏妨害の容疑で、捜査を受ける。拘束されたのは教師、学生、あるいは州の公務員である。彼らは、裁判所の許可も正当な理由もなく携帯電話を没収され、「明らかなプライバシーの侵害」であると抗議している。

もっと読む

追加情報

2014年にブラジルでは、その6月のサッカー・ワールドカップの準備中に何千人もが街頭で抗議行動を行った。それは、その前年にブラジル国民が公共交通機関の運賃の高騰やワールドカップへの高額な支出、公共サービスへの不十分な投資などに対し不満を表明するため起こした巨大なデモに共鳴したものだった。前年の抗議は、5月から6月にサンパウロで始まり、多数の町で何百、何千という人びとが参加する前代未聞の規模に拡大した。それに対する警察の対応は、多くが暴力的で虐待を伴った。何百人もが負傷し、ある写真家はゴム弾に当たって片目を失った。

アクションしてください。

英語あるいはポルトガル語で、以下の内容のアピールを作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファックスあるいはeメールで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • 当局に、 4月29日のクリチバ市のデモ参加者たちに対する警察の過剰な暴力の行使の申し立てに関し、即刻、徹底した公正な捜査を行うよう求める。
  • 負傷した人に適切な医療が施されることと、拘束された人たちが自分で選んだ法的援助を完全に受けられることを保障するよう求める。
  • 平和的な集会の自由の権利を尊重し、平和的に抗議をする人達に対し暴力を行使しないよう求める。

宛先
Governor of the State of Paraná(パラナ州知事)
Beto Richa
Praça Nossa Senhora de Salete, s/n
 Centro Cívico, Curitiba
CEP 80.530-909
 Paraná, Brazil
書き出し: Dear Governor

Public Security Secretary(公安局局長)
Wagner Mesquita de Oliveira
Rua Deputado Mário de Barros, 1290
Ed. Caetano Munhoz da Rocha, Centro Cívico, Curitiba
CEP 80.530-280 Paraná, Brazil
Email: gabinete@sesp.pr.gov.br
書き出し: Dear Secretary

コピーの宛先
駐日ブラジル大使
ブラジル連邦共和国大使館
〒107-8633 東京都港区北青山2丁目11-12
電話:03-3404-5211
書き出し:His Excellency Mr. Andre Aranha Correa do LAGO

アピール例文

Beto Richa
Praça Nossa Senhora de Salete, s/n
 Centro Cívico, Curitiba
CEP 80.530-909 
Paraná, Brazil
↑ここに宛先を記入

Dear Governor,
↑ここに書き出しを記入

On 29. April, around 20,000 people have gathered in the city of Curitiba to protest against the changes in the state’s rules for social security and retirement for civil servants. The protest was siverely repressed by the military police and according to the Public Defence’s Office, 14 people were temporarily detained. All those detained had their mobile phones apprehended, without judicial authorization and with no related facts that could justify such seizure, in what they called “a clear violation of their privacy”.

I urge you to ensure a prompt, thorough, independent and impartial investigation into allegations of police abuse and excessive use of force towards protesters during the 29. April demonstration in Curitiba.

I would also like to call on you to ensure that all those injured receive proper medical care and those detained have full access to legal counsel of their choice.

Moreover I urge you to uphold the right to peaceful assembly and not to use force against peaceful protesters.

Thank you very much for your attention.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ