最新情報:
2015年7月25日
国名:
モザンビーク
対象者:
カルロス·ヌーノ·カステル·ブランコとフェルナンド・ムバンズ(男性)
期限:
2015年9月 1日
配信日:
2015年7月25日
UA No:
162/2015

経済学者カルロス·ヌーノ·カステル·ブランコさんと新聞編集者フェルナンド・ムバンズさんは、国の治安に関わる容疑で起訴されている。国の統治がまずいことをフェイスブックに投稿していた。2人の裁判は8月3日に始まる。

カステル·ブランコさんは経済学者で、モザンビーク有数の研究機関「モザンビーク社会経済研究所(IESE)」の共同設立者だ。

前元首の名誉を毀損したという罪に問われている。2013年11月にフェースブックに書き込みをしてその罪を問われ、6月11日国家治安法第22条で告発された。その書き込みの中で、アルマンド・グエブザ元大統領によるモザンビークの統治のあり方に疑問を投げかけた。容疑は、国家治安違反とされており、最高2年の刑と相当の罰金が科される。審理は8月3日に予定されている。

フェルナンド・ムバンズさんは、同国の新聞メディアファクスの編集者だ。国家治安法と報道法第42条報道の自由乱用の罪で起訴されている。同紙に「カルロス·ヌーノ·カステル·ブランコ・フェイスブック・ポスト」を、公開書簡の形式で掲載した。

同国では昨年12月に、情報入手法が発効した。この前向きの動きにもかかわらず、表現の自由は依然として制限されている。政府は国家治安法や報道法を適用して、表現の自由を制限している。2人の起訴は、昨年8月に国会を通過した恩赦法により却下すべきものだった。同法では、2012年3月〜2014年8月に起きたすべての治安関連の犯罪者に恩赦が与えられる。

収監された場合、アムネスティは2人を良心の囚人とみなす。表現の自由を行使したことに関する裁判が政府の意思に基づいており、政府に批判的な人々を脅迫する意図があるためだ。

アクションしてください。

英語もしくはポルトガル語でアピール文を作り、Eメール、ファックス、航空書簡のいずれかで、できるだけ早く送ってください。以下の文面と英文サンプルをご利用ください。

  • カステル·ブランコさんとフェルナンド・ムバンズさんへの起訴を、ただちにすべて取り下げることをモザンビーク当局に求める。2人は表現の自由を平和的に行使して起訴されたに過ぎないからだ。
  • 自分たちの意見を平和的に伝える人々への嫌がらせや脅迫の慣行に終止符を打ち、表現の自由を守るように当局に求める。
  • 表現の自由に不当な制限を加えるすべての法律を廃止するように当局に求める。

宛先
Minister of Justice, Constitutional and Religious Affairs(司法・憲法・宗教大臣)
Abduremane Lino de Almeida,
Ministry of Justice,
Av. Julius Nyerere, 33
Maputo
Republic of Mozambique
ファックス番号:+25821494264, +25821487853
書き出し:A sua Excelência

General Prosecutor of Mozambique (モザンビーク検察長官)
Beatriz da Consolação Mateus Buchili,
Office of the General Prosecutor
Av. Julius Nyerere, 33
Maputo
Republic of Mozambique
E-mail: pgr@pgr.gov.mz
書き出し: Exma. Dra.

コピー宛先
駐日モザンビーク共和国大使
〒108-0073 東京都港区三田3-12-17
芝第三アメレックスビル6階
特命全権大使:ベルミロ・ジョゼ・マラテ閣下
His Excellency Mr. Belmiro Jose MALATE

アピール例文

Abduremane Lino de Almeida, Minister of Justice, Constitutional and Religious Affairs
Ministry of Justice
Av. Julius Nyerere, 33
Maputo
Republic of Mozambique
↑ここに宛先を記入

A sua Excelência,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern for economist Carlos Nuno Castel-Branco and newspaper editor Fernando Mbanze.

Castel-Branco is accused of defaming former President Armando Guebuzathe in relation to a Facebook post he made in November 2013, questioning the manner in which the former president had governed Mozambique. Fernando Mbanze is the editor of the MediaFax, and is charged with abusing freedom of the press under article 42 of Press Law in conjunction with the State Security Law. He published Carlos Nuno Castel-Branco’s Facebook Post as an open letter in MediaFax.

The cases against the two should have been dropped under the Amnesty Law passed by the Mozambican parliament in August 2014. The law gives amnesty for all security related offences committed between March 2012 and August 2014.

In the case they are imprisoned, Amnesty International will consider them to be prisoners of conscience as their trial is politically motivated, relating to the peaceful exercise of their right to freedom of expression, and it is intended to send a message of intimidation to other government critics.

I urge you to immediately drop all charges against Carlos Nuno Castel-Branco and Fernando Mbanze, as they have been charged solely for peacefully exercising their right to freedom of expression.

At the same time, I call on you to end the practice of harassment and intimidation of people peacefully expressing their views, and to uphold the right to freedom of expression.

I also call on you to repeal all legislation which unduly limits freedom of expression.

I will appreciate your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入