English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 大韓民国: 韓国 女性癌患者に2年の実刑判決

大韓民国:
韓国 女性癌患者に2年の実刑判決

最新情報:
2016年4月 6日 (更新情報)
更新履歴:
2016年1月15日
国名:
大韓民国
対象者:
キム・ヘヨン(女性)
期限:
2016年5月 9日
配信日:
2016年4月 6日
UA No:
002/2016

2016年1月29日、平和的なデモに参加したことで国家保安法違反容疑に問われたキム・ヘヨンさんは、2年の実刑判決を受けた。上訴し、5月10日に判決が予定されている。拘置所が以前受けたがん手術後の必要な投与と診察が必要だったが、拘禁施設外での診療をずっと認められなかった。さらに、勾留中、精神疾患を発症した。

昨年7月26日、キム・ヘヨンさんはソウルで座り込みのデモに参加して国家保安法違反容疑で逮捕・起訴され、1月29日、実刑2年、業務停止3年の判決を受けていた。その後上告し、その審理が3月29日に始まり、判決が5月10日に予定されている。国内法は、上告の判決を待つ間、4カ月以上の勾留を認めていない。

キムさんは、逮捕される前、甲状腺癌を患い患部摘出手術を受け、その後は、定期的なホルモン補充薬の投与を必要としてきた。逮捕後、10日間のハンストをしたため、薬剤の投与が途切れた。その結果、拘置所の職員が、医療専門家の立会なしに、多量の薬剤を投与した。

精神科医の勧告にもかかわらず、法務省はキム・ヘヨンさんの外来治療を依然として許可していない。専門家と本人単独での心理カウンセリングも許可していない。

この数週間、健康状態は改善したとはいえ、動悸、窒息、吐き気、痛みなど再発の恐れがある。パニック障害の典型的な症状であり、多量のホルモン薬投与の副作用として知られている。

アクションしてください。

韓国語、英語あるいは母国語で以下のアピール文を作り、航空便、航空書簡(全世界90円)、電報、ファックス、あるいはeメールで、できるだけ早く送って下さい。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用ください。

  • 表現の自由と平和的集会の権利を合法的に行使したにすぎないキム・ヘヨンさんらコリア連帯メンバーの起訴を取り下げ、即時かつ無条件に釈放することを当局に要請する。
  • 釈放されるまで、不必要な干渉を受けることなく、彼女が拘置所外での十分な看護と治療を直ちに受けられるように当局に要請する。
  • 国家保安法を恣意的に適用することを止め、表現、言論、結社の自由が十分に尊重され、保護され、実現されることを当局に要請する。

宛先
Minister of Justice 法務大臣
Kim Hyun-woong
Gwanmun_ro 47, Gwacheon-si, Kyunggi-do, Republic of Korea 13809
Fax: +82-2-2110-0350
書き出し: Dear Minister

Prime Minister 首相
Hwang Kyo-ahn
Government Complex Sejong,
261 Dasom-ro,
Sejong-si, Republic of Korea
Twitter: @PrimeMinisterKR
書き出し: Your Excellency

コピーの送り先
駐日韓国大使
〒106-0047 東京都港区南麻布1-2-5
電話:03-3452-7611~9
特命全権大使:柳 興洙 閣下
His Excellency Mr. YOO Heung-soo

アピール例文

Prime Minister
Hwang Kyo-ahn
Government Complex Sejong,
261 Dasom-ro,
Sejong-si, Republic of Korea
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my deep concern that Ms. Kim Hye-young, a woman in South Korea with thyroid cancer, has been sentenced to a two-year prison term for taking part in a peaceful demonstration. Kim has developed mental health problems while in detention. Authorities have continued to refuse her treatment outside the detention facility.

I am therefore urging the authorities to drop their charges, and immediately and unconditionally release Kim Hye-young and other members of CAIRD, who were only legitimately expressing their rights to the freedom of expression and peaceful assembly.

I am also urging them to immediately allow Kim Hye-young access to adequate care and treatment outside the detention facility, without unnecessary interference, pending her release.

I am lastly calling on them to stop the arbitrary use of the National Security Law and ensure that freedom of expression, opinion and association are fully respected, protected and fulfilled.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ