English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. イラン: イラン: 重病のミュージシャン刑務所へ送還

イラン:
イラン: 重病のミュージシャン刑務所へ送還

最新情報:
2016年12月13日 (更新情報)
更新履歴:
2016年10月 3日
国名:
イラン
対象者:
ラジャビアン兄弟とユセフ・エマディー(いずれも男性)
期限:
2017年1月17日
配信日:
2016年12月13日
UA No:
041/2016

12月4日、イランのミュージシャン  メフディー・ラジャビアンさんが、テヘランのエヴィン刑務所へ強制的に送還された。1ヶ月間ハンストを行った後、治療のために刑の執行が中断されていた。この中断期間中入院していたとはいえ、体調は懸念されていた。メフディーさんの兄(弟)で、拘禁中の映画制作者 ホセイン・ラジャビンさんは、現在もハンストを続けている。 

メフディーさんは、身体的・精神的健康状態が良くないにもかかわらず、12月4日、刑務所に送還された。11月27日、治療のために刑の執行の中断を認められ、この間のほとんどをテヘランの北方マザンダラン州にある生まれ故郷サリ市のブ・アリ病院に入院していた。いくつかの重い疾患があり、薬の服用と専門治療が必要である。刑の執行前のMRI検査では、「多発性硬化症の疑いがあり、さらに診断検査が必要」との診断を神経学専門医から受けていた。最初の2ヶ月は、発症を遅らせるために欠かせない投薬治療を認められなかった。2013年10月の逮捕後、刑務官に殴られたことが原因で始まった発作症状も抱えている。投獄され、まともな治療を受けられなかったため、精神的なストレスとなり、ひどくふさぎ込んでいるという。

治療のために一時的に釈放される直前の10月28日、兄弟は自由を訴えてハンストを始めた。ホセインさんの健康状態も良くない。今回のハンストは、治療を受けられないこと、治療のための拘禁中断を認めなかったこと、兄弟を別々の区域に収監したことなどに抗議するために9月行ったハンスト以来のものである。ホセインさんは、今もハンストを行っている模様だ。

2015年4月、2人は、「神聖なイスラムへの侮辱」と「違法な視聴覚活動」を含む、芸術活動に関連する罪で6年の実刑判決を受けた。裁判は甚だしく不公正だった。後に、控訴裁判所は、拘禁期間を6年から3年とする判断を下した。残りの刑期中に模範的囚人であれば、5年間の執行猶予とした。6月4日に服役し始めたが、2人は良心の囚人である。

もっと読む

追加情報

メフディーさんとホセインさんは、どちらも健康を害している。メフディーさんは、2016年9月10日に発作を起こし、刑務所内の診療所で治療を受けた。2度目のハンストを始めた後、メフディーさんは2度吐血した。2016年11月2日に初めて吐血した時には、同じ監房の囚人に伴われて刑務所の診療所で受診した。質問に答えられず、点滴治療を拒むと、医師は次第に無礼な態度をとるようになった。このことが原因で口論となり、医師に腹部を強打されたと、メフディーさんは述べている。ホセインさんは、収監前から腎臓障害を患い、その後はひどい熱様症状に悩まされている。2016年9月8日に1度目のハンストを始めて数時間後に。診療所で行われた血液検査の結果、白血球値の上昇が認められ、手足を拘束されたまま外部の病院へ連れて行かれた。しかし、十分な治療は受けられなかった。2016年10月26日付けの公開書簡で、2人は「1度目のハンストは、当局から自分たちを再び同じ監房に収監し、十分な治療を行うとの約束を取り付けたので中止した」と、述べている。だが、状況は悪化したと述べた。また、2人は書簡の中で次のように訴えかけている。「こうした虐待に対して、世界中のすべての芸術家に、芸術家の名に相応しい非難をして下さるように要請します。このような息が詰まるような状況にある私たちを見捨てないで下さい。」 

2013年10月5日、サリの事務所で革命防衛隊に逮捕された際、2人はスタンガンと目隠しで、行動不能状態にされた。2人の話では、その後18日間、電気ショックを含む拷問を受け、公開されていない場所で拘束された。その後2ヶ月間、エヴィン刑務所2-A区域の独房で過ごした。終身刑をちらつかせてあからさまに自白を強要されているところをビデオに撮られた。2013年12月、 2人は保釈された。2015年4月26日の公判で、2人は、「神聖なイスラムの侮辱」に対して5年、「体制に反対する宣伝」に対して1年の刑、「違法な視聴覚機器を用いた活動」に対して2億リアル(約6,625米ドル相当)の罰金刑をそれぞれ言い渡された。公判と控訴審の双方で、2人は裁判長に、「自白」は拷問により引き出されたものであると伝えた。控訴尋問の裁判長から、拷問を受けたと申し立てたことに対して口止めの警告を受け、そのことを話すなら、判決はより厳しくなるとの脅しをうけた。弁護士との接見は、逮捕、拘禁、公判、控訴のいづれの段階でも認められなかった。

メフディーさんは、2009年にライセンスを得ていない音楽の配信を開始したウエブサイト「バーグ・ミュージック」の創始者である。イランでは、公式の検閲をパスした音楽のみに演奏許可が与えられ、許可を得ていないミュージシャンは、地下で活動している。バーグ・ミュージックは、国外にいるイラン人の歌手がペルシャ語で歌う曲を配信しており、その中には歌詞やメッセージが政治的であったり、タブー視されている内容を扱っているものがある。逮捕される前に、メフディーさんは伝統楽器セタールを用いた音楽でイランの歴史を語る創作活動に取り組んでいた。逮捕に立ち会った係官は、この活動に関係がある録音、その他の資料を押収した。メフディーさんは、女性歌手や反イスラム革命を支持する歌手の歌声を放送した罪で起訴されている。イラン当局は女性歌手の活動に制限を課し、男性の前でソロで歌うことは許されない。保守派の聖職者らは、「女性の声には不道徳な性欲をかき立てる懸念がある」としている。2015年2月、保守派のイスラム教最高指導者ハサン・ノウリ・ハメダニ師は、次のように述べた。「いかなる反イスラム、反革命的映画、書籍、音楽も、認めない。どうしても、女性の歌をまともにはできない。だから阻止する」 ホセインさんは、逮捕される前、イラン女性が離婚する権利を扱った初の長編映画、「逆三角形」を制作していた。逮捕に立ち会った係官は、この映画に関連するすべての資料を押収した。イランではこの映画の放映は認められていない。

兄弟が有罪判決を受けた罪状は、女性が離婚する権利を扱ったホセインさんの映画と、国外にいるイラン人歌手による無許可の音楽を配信したメフディーさんの芸術活動によるものである。

アクションしてください。

ペルシャ語あるいは英語のいずれかでアピール文を作り、ファックス、Eメール、航空書簡のいずれかで、できるだけ早く送ってください。以下の文面内容と英文サンプルをご利用ください。

  • メフディーさんとホセインンさんを即時かつ無条件に釈放するようにイラン当局に求める。2人は表現の自由の権利を平和的に行使しただけで処罰されている良心の囚人である。
  • 秘密保持、自立性、インフォームドコンセントの原則を含む医療の倫理に従って資格を持つ医療専門家が、2人に治療を行うように求める。
  • 拷問などの虐待の申し立てについて、迅速かつ独立した公正な調査を命じ、責任ある者を死刑行使のない公正な裁判にかけることを求める。

宛先(いずれも駐日イラン大使館着付)
Office of the Supreme Leader (最高指導者)
Ayatollah Sayed ‘Ali Khamenei
書き出し: Your Excellency

Head of the Judiciary(司法長官)
Ayatollah Sadegh Larijani
書き出し: Your Excellency

コピー宛先
President (大統領)
Hassan Rouhani

駐日イラン・イスラム共和国大使
〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目13-9
特命全権大使:レザー・ナザルアーハリ 閣下
His Excellency Dr. Reza NAZARAHARI

アピール例文

Ayatollah Sayed 'Ali Khamenei,
Office of the Supreme Leader
c/o Embassy of the Islamic Republic of Iran in Japan
13-9 3-chome Minamiazabu, Minato-ku
Tokyo 106-0047
Japan
↑ここに宛先を記入

Your Excellency,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my deep concern for Musician Mehdi Rajabian, who was forced to return to Evin Prison on December 4, despite being in poor physical and mental health. He had been on medical leave following his month-long hunger strike. He was hospitalized during his leave and Amnesty International fears for his health. His brother Hossein Rabajian, a filmmaker, is on hunger strike and is also in poor health. Both of them are prisoners of conscience, who were convicted following a gorossly unfiar trial and appeal.

I call on you to immediately and unconditionally release Mehdi Rajabian and Hossein Rajabian, as they are being punished solely for exercising their right to freedom of expression.

At the same time, I urge you to ensure that they have access to adequate medical treatment in compliance with medical ethics, including any specialist care they require, and that Mehdi Rajabian is provided with his essential medication.

I also urge you to order a prompt, independent, impartial investigation into their allegations of torture and other ill-treatment, bringing to justice anyone suspected of responsibility in a fair trial without recourse to the death penalty.

Thank you for your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ