English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. インド 排除される人権擁護活動

インド 排除される人権擁護活動

最新情報:
2016年2月29日
国名:
対象者:
活動家や弁護士4人(すべて女性)
期限:
2016年4月 7日
配信日:
2016年2月29日
UA No:
042/2016

チャッティースガル州バスターでは、活動家、弁護士、ジャーナリストたちが、襲撃、嫌がらせ、脅迫などを受けることが増えてきた。それらの暴力行為には、人権に関係する活動の意欲を削ぐ狙いがあり、実際、身の安全のためこの地域から去った人たちもいる。

2月7日、20人以上の集団が、ジャーナリストで人権侵害問題を執筆してきたマリニ・サブラマニアムさんの自宅前に集まった。集団は、近隣の人たちに、彼女の家に投石するよう呼びかけた。そして、彼女は武装毛沢東主義者だというようなスローガンを叫んだ。翌朝、家に投げられた石が複数個あり、車の後部ウインドウが壊れていた。2月17日、警察が家主を呼び出し、その日の午後、彼女にできるだけ早く家から出るよう告げた。翌日、サブラマニアムさんと家族は、身の危険を感じて町を出た。

イシャ・カンデァワルさんとシャリニ・ゲラさんは、法律支援グループのメンバーだ。この団体はチャッティースガル州の5つの地区で受刑者への無料法的扶助を提供している組織だ。受刑者の多くは先住民コミュニティーに属し、武装毛沢東主義者だとして起訴された。2月17日の夜、警官が弁護士の家主を警察署に連れて行った。翌朝、家主は弁護士2人に自宅と事務所を明け渡してもらうほかはないと告げた。2月19日、警視総監が、弁護士らに対する襲撃予告があったと記者会見で発表した。翌日の夜、2人はバスターを去った。

2月20日、3人の男が、先住民活動家で元良心の囚人ソニ・ソリさんの顔に黒い物質を投げつけた。彼女は自宅に帰る途中だった。男たちは彼女に活動を続けるなと警告した。彼女は、同日に襲撃予告の電話を受けていた。

州の警察当局は、何度も要求されてきたにもかかわらず、これらの人権侵害を阻止する対策を取ってこなかった。また、事件の信ぴょう性を疑う警察高官の最近のメディアへのコメントは、捜査が公正であったかどうかに疑問を抱かせるものだった。

アクションしてください。

英語あるいは日本語で以下のアピール文を作り、メール、ファックス、航空書簡(全世界共通90円)のいずれかでまでに送って下さい。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • 活動家、ジャーナリスト、弁護士たちが脅迫、妨害、嫌がらせ、不法な干渉を受けることなく職務を遂行できることを保障するよう当局に要請する。
  • そのような違法行為の責任者を拘束するよう当局に要請する。

宛先
Union Minister of Home Affairs 内務大臣
Rajnath Singh
17, Akbar Road
New Delhi, India
Fax: (011) 91 11 23014184
Email:38ashokroad@gmail.com
書き出し: Dear Sir

Chief Minister of Chhattisgarh チャッティースガル州首相
Raman Singh
Chief Minister’s Secretariat,
DKS Bhavan, Mantralaya,
Raipur – 492001, Chhattisgarh, India
Fax: (011) 91 0771 2221306, 2331000
Email:cmcg@nic.in,cmcg@gov.in,cmhouse11@yahoo.co.in
書き出し: Dear Sir

Inspector General of Police, Bastar バスター警察総監
SRP Kalluri
IG Office
Bastar range
Chhattisgarh – 494001
India
書き出し: Dear Sir

コピー宛先
駐日インド大使
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-11
駐日インド大使館
特命全権大使:ディーパ・ゴパラン・ワドゥワ 閣下
書き出し:Her Excellency Ms. Deepa Gopalan WADHWA

アピール例文

Union Minister of Home Affairs
Rajnath Singh
17, Akbar Road
New Delhi, India
↑ここに宛先を記入

Dear Sir,
↑ここに書き出しを記入

I am writing this letter to express my deep concern for the increased attacks, harassment and threats to the activists, lawyers and journalists in Bastar, Chhattisgarh. It is believed this is intended to deter them from carrying out their work, and to lead them leaving the region in fear for their safety.

Malini Subramaniam and her family had to leave Bastar due to fears for their safety. She is a journalist who has written extensively on human rights violations in the state.

Isha Khandelwal and Shalini Gera, who are members of the Jagdalpur Legal Aid Group (JagLAG), left Bastar. It was because police officials demanded the landlord to ask them to vacate their home and office. Moreover, the Inspector General of Police for Bastar announced at a press conference that there had been a threat of attack against JagLAG lawyers.

And three unidentified men threw a black substance on Soni Sori’s face. She is an Adivasi activist and former prisoner of conscience. She was attacked when she was on her way from Jagdalpur to her home in Geedam.

So I urge you to ensure that activists, journalists and lawyers in Chhattisgarh are able to carry out their professional duties without intimidation, hindrance, harassment or improper interference;

I also urge you to hold those responsible for committing any such violations accountable for their actions.

Thank you very much for your prompt attention to the above.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ