English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ジョージア: ジョージア 同性婚禁止への憲法改正を止めよう

ジョージア:
ジョージア 同性婚禁止への憲法改正を止めよう

最新情報:
2016年5月25日 (更新情報)
更新履歴:
2016年3月22日
国名:
ジョージア
対象者:
ジョージアのLGBTIの人たち
期限:
2016年6月21日
配信日:
2016年5月25日
UA No:
061/2016

結婚は、異性間のみと定義づけるように憲法を改正する法案が、5月5日上院人権委員会で承認された。現在法案は公聴会の審議中で、その後上院議会での採決となる。

5月5日、上院の人権委員会は、憲法に結婚を異性間のみに限定するよう条文を改正する法案を承認した。その後、委員会の公聴会は各地で開かれ、法案について公開討論が行われる。上院の第一副議長によると、法案は圧倒的な支持を得ているという。ジョージアのレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の活動家は、安全上の理由と、討論の場の敵意に満ちた雰囲気があったため、討論に参加することができなかった。法案は現在別の委員会の公聴会で審議されており、その後上院での採決となる見通しだ。

上院の第一副議長が5月5日にジョージアのメディアに語ったところによると、法案に賛成する上院議員が十分な数に満たない場合は、同性婚を禁止することを住民投票で問うという。ジョージア中央選挙委員会はすでに3月28日、この住民投票の実施を申請した。要請は市民グループが中心になったもので、住民投票に必要な20万人の署名を集めているところだ。その後、大統領が決定することになる。

憲法36条には、結婚は配偶者間の平等の下、自発的にするものとされている。異性間でしか結婚できないことを憲法で制限することは、同性間で暮らしている、または暮らしていきたいと願っているLGBTIの人たちに対する差別であり、家庭生活を楽しむ権利や結婚によってもたらされるすべての経済的社会的権利を否定する。民法によると、現在同性のパートナーには結婚する権利がなく、家庭生活の権利を登録したり行使したりすることもできない。しかし、憲法で結婚の平等を明確に禁止すると、将来同性婚を認める拡大解釈ができず、また世界的な結婚の平等の流れに反するなど、状況の悪化を招く。

もっと読む

追加情報

ジョージアのLGBTIの人々は、しばしば差別やヘイトスピーチ、暴力を受けている。また、警察は、同性愛嫌いやトランスジェンダー嫌いなどにもとづく犯罪を十分取り締まっていない。2012年5月17日、国際デーにトビリシ中央部で同性愛嫌悪やトランスジェンダー嫌悪に反対する国際デーにデモ行進を行った際、キリスト教系の活動家らから侮辱や脅しの言葉を浴びせられた。2013年5月17日、同性愛嫌いとトランスジェンダー嫌いの人たちが、力づくで集会を妨害した。警察はデモ参加者の安全を確保しようとしなかった。この暴行事件の捜査もなかった。

アクションしてください。

ジョージア語または英語で、以下の内容のアピールを作り、ファックス、メール航、空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます。それをご利用ください。

  • 憲法の結婚の定義を制限する法案は、同性カップルを差別することになるので、やめるようジョージア当局に要請する。
  • 性的指向や性自認に関係なく、ジョージアのすべての人々の権利が尊重され、保護され、遂行されるよう当局に要請する。

宛先
Prime Minister ジョージア首相
Giorgi Kvirikashvili
7 Ingorokva St, Tbilisi 0114, Georgia
Facebook:facebook.com/KvirikashviliOfficial
Twitter: @KvirikashviliGi
書き出し: Dear Prime Minister

First Vice Speaker of the Parliament
Manana Kobakhidze
26 Abashidze St
Kutaisi 4600, Georgia
Email: makobakhidze@parliament.ge
Salutation: Dear Vice Speaker

Head of the Human Rights and Civil Integration Committee
Parliament of Georgia
Eka Beselia
26 Abashidze St
Kutaisi 4600, Georgia
Email: ebeselia@parliament.ge
Salutation: Dear Ms Eka Beselia

コピーの宛先
President of Georgia ジョージア大統領
Giorgi Margvelashvili
1 Abdushelishvili St
Tbilisi 0103, Georgia

ジョージア大使館
Embassy of Georgia in Japan
〒107-0052 東京都港区赤坂1-11-36 Residence Viscountess #220
電話:03-5575-6091
特命全権大使:レヴァン・ツィンツァゼ 閣下
His Excellency Dr. Levan TSINTSADZE

アピール例文

Prime Minister
Giorgi Kvirikashvili
7 Ingorokva St, Tbilisi 0114, Georgia
↑ここに宛先を記入

Dear Prime Minister;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my concern on the bill which would amend the Constitution introducing a definition of marriage as a union exclusively between a man and a woman, received the endorsement of the Parliament’s Human Rights and Civil Integration Committee on 5 May. By limiting the constitutional definition of marriage to couples of the opposite sex, the amendment directly discriminates against LGBTI people who live or wish to live in a same-sex union, and denies them the enjoyment of their right to family life, the right to marry and all the economic and social rights associated with marriage.

I am therefore calling on the Georgian authorities to stop the bill aimed at restricting the constitutional definition of marriage as this would effectively discriminate against same-sex partners.

I am also urging the authorities to respect, protect and fulfill the rights of all people in Georgia regardless of sexual orientation and gender identity.

Your attention on my suggestions would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ