English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. グアテマラ: グアテマラ 不処罰監視団体事務所が襲撃される

グアテマラ:
グアテマラ 不処罰監視団体事務所が襲撃される

最新情報:
2016年7月 5日
国名:
グアテマラ
対象者:
不処罰監視団体(男女)
期限:
2016年8月 4日
配信日:
2016年7月 5日
UA No:
148/2016

6月21日、グアテマラで人権侵害の加害者の免責を監視する国際団体イムピュニティ・ウォッチ(IW)の事務所が、武装した男たちの襲撃を受けた。襲撃が繰り返される恐れがあるため、警察らは同団体を直ちに保護する必要がある。

6月21日の午後5時過ぎ、武装してマスクを付けた3人組がIWの事務所を襲った。職員によると、3人は事務所を出て帰宅しようとした女性職員を脅し、事務所のドアを開けさせた。彼女に目隠しをし、テープで口を塞ぎ、事務所内を物色して回った。ドアベルが鳴ったために立ち去る前、「ファイルはどこだ!金もうけ主義の弁護士のファイルだ」と叫んだ。

内戦中の1981年、自宅にいたマルコ・アントニオ・モリナ・テイセンさんが武装集団に襲われて拉致された事件の審理が、2日後の6月23日予定されていた。IWの調査員アレハンドロ・ロドリゲスさんは、モリナ・テイセンさんと血縁関係にある。

同団体によると、女性職員は無事だったが、何らかのファイルが奪われたかどうかはわからないが、その事務所には拉致事件に関するファイルは保管していなかったという。

1月には、同事件に関わった容疑で元軍人4人が逮捕され、起訴された。4人を予防的身柄拘束するかどうかの審理が6月23日に予定されていたが、延期された。モリナ・テイセンの家族がネット上で嫌がらせを受けていると、アレハンドロ・ロドリゲスさんは語った。

もっと読む

追加情報

IWは、長い内戦期間中(1960年-1996年)に起こった人権侵害について、何年もの間、調査などの活動をしてきた。

国連から支援を受けている真相究明委員会は、その内戦中に約20万人が殺害されるか、あるいは失踪したことを明らかにした。その80%以上が先住のマヤの人々だ。元軍指導者に対する大量虐殺と非人道的犯罪の裁判は、何度も頓挫し、延期されてきた。

アクションしてください。

スペイン語または英語で以下の主旨のアピール文を作り、メール、ファックス、航空 書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送って下さい。同じ内容のアピール 文が後に続きます。それをご利用ください。

  • IWの職員の要望に従って、彼らに十分で適切な保護を提供することを当局に要請する。
  • 同事務所への襲撃に関して、独立した、徹底的かつ公正な捜査を行ない、加害者を裁判にかけるよう当局に要請する。
  • 内戦時に起こった人権侵害問題の被害者やその支援者らが報復を恐れることなく、告発や支援などができるようにするよう、当局に要請する。

宛先
President of the Republic of Guatemala グアテマラ共和国大統領
James Morales Cabrera
Casa Presidencial
6 a. Avenida, 4-18 zona 1
Ciudad de Guatemala
Guatemala
Fax: +502 2214423
Twitter: @jimmymoralesgt
書き出し: Dear President/ Estimado Sr. Presidente

Human Rights Ombudsman 人権オンブズマン(行政監察官)
Jorge Eduardo De León Duque
Procuraduría de derechos humanos
12 Avenida 12-54, zona 1
Ciudad de Guatemala
Guatemala
Fax number: +502 2381734
Email:gmasariegos@pdh.org.gt
Twitter: @PDHgt
書き出し: Dear Ombudsman/ Estimado Sr. Procurador

アピール例文

Mr. James Morales Cabrera
President of the Republic of Guatemala
Casa Presidencial
6 a. Avenida, 4-18 zona 1
Ciudad de Guatemala
Guatemala
↑ここに宛先を記入

Dear President,
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my deep concern that offices of Impunity Watch in Guatemala were ransacked by unidentified armed men on 21 June.

I urge you to implement full and appropriate protection to the staff of Impunity Watch, in accordance with their wishes.

I further urge you to carry out an independent, thorough and impartial investigation into the raiding of Impunity Watch´s offices and bring those responsible to justice.

I also urge you to ensure that all parties involved with cases of human rights violations committed during the armed conflict can carry out their work without fear of reprisal

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ