English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ドミニカ: ドミニカ 無国籍者救援活動家が襲われる

ドミニカ:
ドミニカ 無国籍者救援活動家が襲われる

最新情報:
2016年10月 3日
国名:
ドミニカ
対象者:
ジェナロ・リンコン(男性)
期限:
2016年11月 8日
配信日:
2016年10月 3日
UA No:
220/2016

人権擁護活動家のジェナロ・リンコンさんは9月25日、街中で反無国籍者とみられる男に襲われた。最近ドミニカ共和国では、無国籍状態をなくす活動をする人たちが、脅迫や侮辱行為を受けるケースが増えている。

リンコンさんは、仕事を終え事務所を出てバス停に向かった。バス停でバスを待っていると自分をじろじろ見ている男がいることに気付いた。バスに乗ってから 数分すると、その男が「ハイチ民族は最低だ」といきなり暴言を浴びせはじめ、繰り返した。男は携帯を取り出し、「そう、奴のそばにいるぞ」と話した。そして 「お前も擁護家だな」と言って、顔を殴ってきた。

バスの運転手は二人に「バスを降りろ」とどなった。ジェナロさんは相手の暴行を避けようとしたが、背後から来たもう一人に道路に突き落され、地面に倒れた。さらに、コンクリブロックを投げつけられ、頭と胸に命中した。隙を見て逃げ、近くのガソリンスタンドに助けを求めた。従業員が呼んだ救急車で病院に搬送された。 

この暴行事件の数日前は、2013年、憲法裁判所が数万人のハイチ系ドミニカ人を無国籍と判断した重要な意味がある日だった。その日以来、ソーシャルメディアで、無国籍者の人権を擁護する活動家に対する嫌がらせや脅迫が増えている。

アクションしてください。

英語、スペイン語のいずれかで以下の当局への要請を盛り込んだアピール文を作り、ファックス、Eメール、航空書簡のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英文の場合は、後の英文サンプルをご利用ください。

  • ジェナロ・リンコンさんの暴行事件を迅速、公平かつ徹底的に捜査し、実行犯も扇動者も裁判で処罰を求める。
  • ジェナロ・リンコンさん始め、無国籍者をなくす活動をする人権擁護家の安全を確実に守る措置を導入するよう求める。
  • 1988年に採択された人権擁護活動家に関する国連宣言に記載されているとおり、人権擁護活動家を保護する義務を果たすよう求める。
  • 人種差別、嫌ハイチ人発言など、あらゆる形の差別を公に非難し、国籍を得る権利のために活動する人権擁護家を悪者扱いする言動を慎むよう公に求める。

宛先
Public Prosecutor(検察官)
Jean A. Rodriguez
Procurador General
Palacio de Justicia, Av. Jiménez Moya
esq. Juan Ventura Simón
Santo Domingo, República Dominicana
Email:info@pgr.gob.do
書き出し: Dear Public Prosecutor/Señor Procurador

Minister of Interior and Police(内務・警察担当大臣)
Carlos Amarante Baret
Av. México esq. Leopoldo Navarro
Edificio de Oficinas Gubernamentales
Juan Pablo Duarte
Santo Domingo, República Dominicana
Email:info@mip.gob.do
書き出し:Dear Minister/Señor Ministro

コピー宛先
ドミニカ共和国大使館
〒106-0031東京都港区西麻布4丁目12-24第38興和ビルディング9階904号室
特命全権大使 エクトル・パウリーノ・ドミンゲス・ロドリゲス閣下
His Excellency Mr.Hector Paulino DOMINGUEZ Rodriguez

アピール例文

Jean A. Rodriguez
Public Prosecutor
Procurador General
Palacio de Justicia, Av. Jiménez Moya
esq. Juan Ventura Simón
Santo Domingo, República Dominicana
↑ここに宛先を記入

Dear Public Prosecutor;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on Genaro Rincon , human rights defender, and other defenders working against statelessness who were assaulted for their defending activities for statelessness in the country.

I am urging the Dominican authorities to initiate a prompt, impartial and thorough investigation into the attack against Genaro Rincon, make the results public and bring those materially and intellectually responsible to justice and to adopt measures to provide effective protection to Genaro Rincon and all other Dominican human rights defenders working against statelessness, in accordance with their wishes.

I also need to rremind them to fulfil their obligation to protect human rights defenders, as set out in the 1998 UN Declaration on Human Rights Defenders.

Lastly authorities publicly condemn racism, anti-Haitian rhetoric and all forms of discrimination, and refrain from using stigmatizing language against human rights defenders working on the right to nationality.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ