English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. パキスタン: パキスタン 活動家の釈放と本人・家族の保護を

パキスタン:
パキスタン 活動家の釈放と本人・家族の保護を

最新情報:
2017年2月 8日 (更新情報)
更新履歴:
2017年1月17日
国名:
パキスタン
対象者:
活動家5人(男性)
期限:
2017年3月17日
配信日:
2017年2月 8日
UA No:
005/2017

1月上旬に治安当局による強制失踪を受けていたとみられる4人の人権活動家が、1月27日から29日にかけて釈放された。もう一人、失踪させられている活動家は、いまだに消息は不明だ。

釈放されたのは、サルマン・ハイデアさん、ワカス・ゴラヤさん、アーメド・ラザ・ナシールさん、アシム・サイードさんの4人。4人は、帰宅し、無事家族と再会を果たした。アシム・サイードさんは、シンガポールを拠点に活動するブロガーで、ラホールを訪問中に拉致されたが、その後、生命の危険を感じてパキスタンを去っている。もう一人、強制失踪を受けたカラチ拠点の活動家サマル・アバスさんは、いまだに消息は不明だ。アバスさんは、「パキスタン市民進歩同盟」を率い、出張中のイスラマバードで1月7日に、消息が不明になった。

活動家たちの家族は、非合法の武装グループと目される集団から殺害を予告する脅迫を受けている。5人の活動家は、全てフェイスブックなどのSNSで、パキスタンの人権問題についての見解を広く訴えてきた。特に好戦的な宗教と軍部を批判していた。

彼らの失踪以来、国内の一部メディアやネットは、フェイスブックの冒涜的と疑われるページに結び付けて、彼らを反国家的活動家として非難してきた。活動家たちへの暴力を煽りさえしている。ちょっとした冒とく非難がパキスタンでは殺害予告になり、しばしば暴動に至ることもあるので、非常に憂慮される。アムネスティは同国の冒涜法を悪用する実態を調査したが、冒涜を申し立てた結果、往々にして人が殺傷される事態を引き起こしていることが多々あった。この調査結果は、最近報告書にまとめて公表した。

アクションしてください。

英語またはウルドゥー語で以下の当局への要請趣旨を盛り込んだアピール文を作り、メール、ファックス、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送付してください。同じ内容のアピール文が後に続きます。それをご利用されても結構です。

  • 行方不明のサマル・アバスさんの居場所がどこか、またその身の安全の保障をする。
  • 脅迫を受け続ける活動家や家族の身の安全を保障する。また、拉致と思われる事件を捜査し、加害者を裁判にかける。
  • 5人をはじめとした活動家やジャーナリストらへの暴力を扇動した者への捜査をすぐに徹底する。

宛先
President of Pakistan(大統領)
Honourable Mr Mamnoon Hussain
President’s Secretariat
Islamabad, Pakistan
Fax: +92 51 920 8479
書き出し: Your Excellency

Prime Minister of Pakistan(首相)
Muhammad Nawaz Sharif
Prime Minister’s House
Secretariat, Constitution Avenue
Islamabad, Pakistan
Fax: +92 51 922 0404 (PM Secretariat)
Twitter: @pmln_org
書き出し: Dear Prime Minister

コピー宛先
駐日パキスタン大使
〒106-0047 東京都港区南麻布4-6-17
電話:03-5421-7741、03-5421-7742
特命全権大使:ファルク・アーミル 閣下
His Excellency Mr. Farukh AMIL

アピール例文

Honourable Mr Mamnoon Hussain
President of Pakistan
President’s Secretariat
Islamabad, Pakistan
↑ここに宛先を記入

Your Excellency;
↑ここに書き出しを記入

I am writing to express my grave concern on human rights activists in Pakistan including Samar Abbas who has been missing; his fate and whereabouts remain unknown. who headed the Civil Progressive Alliance Pakistan, had also gone missing from Islamabad on 7 January where he had travelled to for work. His whereabouts still remain unknown. I am also warring about Salman Haider, Waqas Goraya, Asim Saeed, and Ahmed Raza Naseer who had been once subjected to enforced disappearance in early January and has returned home between 27 – 29th January.

Since their disappearance, sections of the Pakistani media and the internet have accused the activists of “anti-state” activities, linking them with an allegedly blasphemous page on Facebook, and in some cases, instigating violence against them. This is extremely worrying given that a simple accusation of blasphemy can lead to death threats and often mob violence in Pakistan. Amnesty International’s recent report ‘As Good as Dead: The Misuse of the Blasphemy laws in Pakistan’ details a number of cases that illustrate the potentially fatal consequences of a blasphemy allegation.

I am therefore urging the Pakistani authorities to immediately disclose Samar Abbas’s fate and whereabouts if he is in their custody.

I am also calling on the authorities to guarantee the safety of the activists and that of their families’, in light of the threats they have received, and urging them to conduct an independent and transparent investigation into their abduction, and hold all those suspected of criminal responsibility to account in trials before ordinary civilian courts that meet international standards and without recourse to the death penalty.

I should urge the government to take immediate action to investigate all those who have incited violence against the five activists and other human rights defenders and journalists.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ