English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ウクライナ: クリミア 人権派弁護士を投獄

ウクライナ:
クリミア 人権派弁護士を投獄

最新情報:
2017年2月 6日
国名:
ウクライナ
対象者:
エミル・クベヂモフ(男性)
期限:
2017年3月13日
配信日:
2017年2月 6日
UA No:
031/2017

1月26日、クリミアで人権派弁護士エミル・クベジェノフさんが行政拘禁10日の判決を受けた。現在、シンフェロポリの一時的拘禁施設に収容されている。人権擁護活動による拘禁であり、直ちに釈放されるべきだ。

1月26日、クベジェノフさんは同僚の一人と、当局が捜査対象にしているクリミアタタール人の活動家宅に車で向かっていた。交通警官に車を止められ、警察を名乗る覆面した数人に拘束された。そして、同日、覆面をしたロシア内務省の係官に自宅と事務所を捜索され、クライアントに関わる守秘データが入った機器を押収された。

2014年2月、クリミアの占領と併合を開始して以来、ロシアは、国際人権法に違反して、強圧的な内容を含むその法制度を大々的にクリミアに導入してきた。そして、ロシアの占領に反対する少数民族クリミアタタール人は、激しい弾圧にさらされてきた。クベジェノフさんは、この人権侵害を世界に向けて訴え、クリミアを事実上支配するロシアに弾圧されるクリミアタタール人の弁護人を務めてきた。

拘束された同じ日に出廷し、ロシア連邦行政犯罪法20.3条(ナチおよび過激主義者のシンボルを宣伝・表示した罪)違反で有罪とされた。問題とされたのは、クベジェノフさんがクリミアのイスラム教組織ヒズル・タフリールの会合を撮影した動画をソーシャルメディアに投稿したことに関連している。

ロシアではヒズル・タフリールは、テロ組織と指定されている。しかし、投稿は2013年のことであり、ロシアがクリミアを占領する以前のことだ。ウクライナでは同組織は違法とされていなかったし、当時の会合は平和的なものだった。

アクションしてください。

英語またはロシア語で以下の内容のアピールをつくり、ファックス、eメール、航空書簡(全世界90円)などで、できるだけ早く送ってください。同じ内容のアピール例文が後に続きます、それをご利用いただいても結構です。

  • 事実上の支配者であるロシアに行政拘禁されているエミル・クベジェノフさんを直ちに無条件で釈放するよう要請する。彼は単に人権擁護活動をしていたにすぎない。
  • 国際法および国際基準、特に「国連弁護人の役割に関する基本原則」により活動を保障されている弁護士の人権、法と政策の遂行を尊重し保護するよう要請する。
  • 人権擁護活動家に関する国連宣言にあるように、クリミアの人権擁護活動家が嫌がらせや報復を受けることなく、合法的活動を遂行できるよう要請する。

宛先
Prosecutor of Crimea(クリミア検事)
Oleg Kamshilov
Fax: +7 365 255 03 10
Email: sekretar@rkproc.ru
書き出し: Dear Prosecutor

Prosecutor General of the Russian Federation(ロシア検事総長)
Yurii Yakovlevich Chaika
Prosecutor General’s Office
ul. B. Dmitrovka, d.15a
125993 Moscow GSP- 3
Russian Federation
Fax: +7 495 987 5841 / +7 495 692 1725
書き出し: Dear Prosecutor General

Ombudsperson of Crimea
Ludmila Lubina
Email: upchvrk@mail.ru
Fax: +7 365 260 11 42
書き出し: Dear Ludmila Lubina

コピー宛先
駐日ロシア連邦大使館
〒106-0041 東京都港区麻布台2丁目1-1
特命全権大使:エヴゲーニー・ウラジミロヴィッチ・アファナシエフ 閣下
His Excellency Mr. Evgeny Vladimirovich AFANASIEV

アピール例文

Yurii Yakovlevich Chaika
Prosecutor General of the Russian Federation
Prosecutor General’s Office
ul. B. Dmitrovka, d.15a
125993 Moscow GSP- 3
Russian Federation
↑ここに宛先を記入

Dear Prosecutor General;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on prominent human rights lawyer Emil Kurbedinov, who was sentenced on 26 January to 10 days’ “administrative detention” by the Zheleznodorozhny Distric Court, in Simferopol, the capital of Crimea. He has been drawing international attention to human rights violation in Crimea and has been acting as defence lawyer of Crimean Tatars targeted by the de facto and the Russian authorities.

On 26 January, he was brought to the court and found guilty under Article 20.3 of Russia’s Code of Administrative Offences. Another charge against him relates to a social media post in which he shared a video of a meeting of the Muslim organization Hizb ut-Tahrir in Crimea. However, the post dates back to 5 June 2013, which predates Russian occupation and annexation of Crimea. Hizb ut-Tahrir is not a banned organization under Ukrainian law, and its members’ meeting which the video depicts was a peaceful assembly.

So I urge you to immediately and unconditionally release Emil Kurbedinov from administrative detention as he is being solely targeted as a reprisal for his human rights activities.

I also urge you t to fully respect and protect the human rights of lawyers and implement in law, policy and practice protections provided for by international law and standards, in particular by the UN Basic Principles on the Role of Lawyers.

The last, but not the least, I urge you to ensure that all human rights defenders in Crimea are able to carry out their legitimate activities free of harassment and without fear of reprisals, as set out in the UN Declaration on Human Rights Defenders.

Your prompt attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ