English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. ミャンマー(ビルマ): ミャンマー ジャーナリストに殺害の脅し

ミャンマー(ビルマ):
ミャンマー ジャーナリストに殺害の脅し

最新情報:
2017年5月 3日
国名:
ミャンマー(ビルマ)
対象者:
ジャーナリストのネーミンアウン(男性)
期限:
2017年6月 5日
配信日:
2017年5月 3日
UA No:
095/2017

ジャーナリストのネーミンアウン(別名ミンミン)さんが、ラカイン州で活動する少数民族の武装集団に関する記事を書いたことで脅迫を受けている。当局は、ミンミンさんの身の安全を確保し、一連の脅迫行為を捜査し、加害者を裁判にかけなければならない。

ミンミンさんは、反政府武装集団とされるアラカン軍に通じているとされる活動家が逮捕されたことに関する記事を書き、その記事が4月10日に報じられた。その直後から彼のフェイスブックに殺害を匂わせる脅しや恫喝の書き込みが始まった。アラカン軍は、ミャンマー軍と常時衝突している、ラカイン州で活動中の少数民族武装集団だ。アラカン軍は、反政府集団と呼ばれることを受け入れていない。脅しには、「ミンミンよ、注意しろ。お前の居場所はわかっている。いつでも殺せるぞ。気をつけな」とあった。ミンミンさんは、シットウェ郡警察署に脅迫を受けていることを通報し、州政府の幹部との面会を求めた。しかし、警察がその後、彼の安全の確保や捜査に動いた形跡はない。

ミンミンさんは2015年に、ラカイン州の情勢を発信するジャーナリストの団体「真相究明調査局」を創設し、編集長を務めてきた。調査の対象には、地元の役人の汚職や薬物取引、国粋主義集団、武力衝突といった扱いが難しいテーマもある。

ミンミンさんが取材活動の関連で狙われるのは、これが初めてではなかった。昨年3月10日には、州都シットウェの自宅に仕掛けられた小型爆弾が爆発するということがあった。幸い当日は、本人と家族は旅行に出ていたため、全員が無事だった。その直前まで何度かインターネットで脅迫を受けていたが、その脅迫が現実になった。犯人は脅迫文の中で、極端な国粋主義集団寄りの記事を書いたとして、ミンミンさんを売国奴と呼び、「片付けた者には報酬を出す」として、自宅の所在地を載せていた。警察が捜査しているものの、犯人は捕まっておらず、真相はわかっていない。

アクションしてください。

英語またはビルマ語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語の要請例文が後に続きます。こちらをご利用いただいても結構です。

  • ミンミンさんの身の安全を確保する。
  • 脅迫事件に対して、ただちに実効性がある公正な捜査をする。
  • 報道関係者が、脅迫や暴力、監視、嫌がらせなどの脅威を受けることなく、職務を遂行できるように保障する。

宛先
Rakhine State Police Chief (州警察本部長)
Colonel Sein Lwin
Rakhine State Police Head Office
Sittwe, Rakhine State
Republic of the Union of Myanmar
書き出し: Dear Colonel

Rakhine State Chief Minister (州首相)
U Nyi Pu
Rakhine State Government Office
Sittwe, Rakhine State
Republic of the Union of Myanmar
書き出し: Dear Chief Minister

コピー宛先
State Counsellor (国家最高顧問)
Daw Aung San Suu Kyi
Ministry of Foreign Affairs
Office No. 9
Nay Pyi Taw
Republic of the Union of Myanmar
Fax: + 95 (0) 67412396
書き出し: Your Excellency

駐日ミャンマー連邦共和国大使館
〒140-0001東京都品川区北品川4丁目8-26
特命全権大使:トゥレインタンズィン閣下
His Excellency Mr. Thurain Thant Zin

要請例文

Colonel Sein Lwin
Rakhine State Police Chief
Rakhine State Police Head Office
Sittwe, Rakhine State
Republic of the Union of Myanmar
↑ここに宛先を記入

Dear Colonel;
↑ここに書き出しを記入

I am writing this to express my grave concern on Journalist Nay Min Aung (known as Min Min) who has been receiving death threats after publishing an article about an armed ethnic group operating in Rakhine State.

Please take immediate action to ensure the safety and protection of Min Min, in coordination with him and subject to his wishes.

Would you also conduct thorough, impartial, independent and effective investigations into the threats against Min Min and the attack on his home in March 2016 and bring those responsible to justice in trials which meet international standards of fairness?

Please also ensure that journalists and other media workers are able to carry out peaceful journalistic activities without fear of surveillance, intimidation, harassment, arrest, prosecution or retribution, and guarantee the integrity of journalists and media workers, including against attacks or threats coming from non-state groups.

Your attention on this matter would be highly appreciated.

Sincerely yours,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ