English

  1. ホーム
  2. あなたにできること
  3. 緊急行動(Urgent Action)
  4. 中国: 中国、不当な有罪のウイグル人女性 続く投獄

中国:
中国、不当な有罪のウイグル人女性 続く投獄

最新情報:
2019年7月31日 (更新情報)
更新履歴:
2017年10月13日
国名:
中国
対象者:
ブザイナフ・アブドレキシティ(女性)
期限:
2019年9月 6日
配信日:
2019年7月31日
UA No:
222/2017

ウルムチ市在住のブザイナフ・アブドレキシティさんは2017年3月、逮捕状もなく突然、拘束され、その後、容疑を告げられることなく起訴され、同年6月には実刑7年を言い渡された。イスラム文化を学ぶために2014年から2年間、エジプトに留学していたが、留学経験者が拘束されることが多いため、エジプト留学が容疑に関わった可能性があるが、定かなことはわからない。

Buzainafu Abudourexitiアブドレキシティさんは、夫が住むオーストラリアに渡るためにウルムチ警察に手続きについて相談した上で、夫にオーストラリアの配偶者ビザの申請手続きを進めてもらっていた。彼女の逮捕は、そんな矢先のことだった。

逮捕時、新婚の夫との間の子を身ごもっていたが、当局は夫に「拘束したときには、すでに胎児は死んでいた」と説明したという。現在は、女性刑務所に入れられているが、健康状態はわかっていない。拷問や虐待を受けているおそれがある。

報道によると、中国政府は、2014年からウイグル人への締め付けを始めた。2016年に陳全国氏が新疆ウイグル自治区の新書記に就くと、治安関係ポストを増強し、反政府的とみなした市民のパスポート没収など、圧力強化に乗り出した。国外に逃れたウイグル人に対しては、残った家族の拘束で対抗した。

ラジオフリーアジア(RFA)によると、当局は海外に留学したウイグル人学生を2017年5月から強制的に中国に戻す措置を取っているという。その年の7月には、中国当局の要請を受けたエジプト政府は、ウイグル人学生約200人を拘束し、そのうちの22人を強制送還した。中国に戻された22人がその後どうなったのかは不明だ。

2017年3月には、過激主義禁止法を施行し、過激とみなした人物を徹底的に取り締まった。

中国政府は当初、「再教育による思想信条の転向」を否定していたが、昨年10月には「希望者に職業訓練をしている」などと説明した。しかし、収容体験者たちは、暴行や食事の剥奪、独居房での拘禁などを経験したと説明している。

アクションしてください。

英語または中国語で当局への以下の要請を盛り込んだメッセージを作り、ファックス、メール、航空書簡(全世界90円)のいずれかで、できるだけ早く送ってください。英語例文が後に続きます。それをご利用いただいても結構です。

  • アブドレキシティさんの有罪が、公正な裁判で証拠に基づく犯罪が立証された上での判決でなければ、無条件かつ即時に釈放する。
  • アブドレキシティさんが家族や自選の弁護人と自由に面会できるようにする。虐待や拷問も受けないことを保障する。
  • 適宜必要に応じて、医療措置を受けられるようにする。

要請例文

President of the People’s Republic of China, Xi Jinping
Zhongnanhai
Xichangan’jie
Xichengqu, Beijing Shi 100017
People’s Republic of China
Fax: +86 10 6238 1025
Email: english@mail.gov.cn

Dear President Xi,

It is of grave concern that Buzainafu Abudourexiti, a Uyghur woman, remains in incommunicado detention after she was sentenced on 5 June 2017, without any legal representation, to seven years imprisonment. She is currently being held at Urumqi Women’s Prison.

She was taken away from her parents’ house in Urumqi, on 29 March 2017 and transferred to the city of Akesu, 1,000km away. No official documentation about her case, including what charges she was convicted of, has ever been provided. While Buzainafu Abudourexiti was pregnant at the time of her arrest, her husband later learned from officials in Xinjiang that the child was already dead in her womb when she was detained. Nothing is known about her current health status.

Buzainafu Abudourexiti went to Egypt to study Islam for two years and returned to Urumqi in early 2015 to work at her father’s company while learning English. Planning to join her new husband Almas Nizamidin in Australia, she then went back to Egypt in September 2015 to collect the documentation for her visa application. After returning to Urumqi in December 2015, she then received the necessary clearance from the Urumqi police department and Almas proceeded to lodge an application for her Australian spousal visa. Buzainafu Abudourexiti was detained shortly after that and their application is still pending.

I fear that the detention of Buzainafu Abudourexiti is part of the wider crackdown on Uyghurs in Xinjiang Uyghur Autonomous Region and that she may be subject to torture and other ill-treatment.

Therefore, I call on you to:

  • Release Buzainafu Abudourexiti unconditionally and immediately unless there is sufficient credible and admissible evidence that she committed an internationally recognized offence and is granted a fair trial in line with international standards;
  • Ensure that she has regular, unrestricted access to family and lawyers of her choice, and is not subjected to torture and other ill-treatment.
  • Allow her prompt, regular and unrestricted access to medical care on request or as necessary.

Yours sincerely,

↑ここにあなたの名前とアドレスを記入

このページをご覧になった方へのお勧め

前へ

次へ